« ランド円、内部要因踏ん張るも外部要因で下げ | トップページ | 先ずは数字、中国アメ政策で連騰、金利低下、貴金属戻る »

2010年2月26日 (金)

現代沖縄経済論、内田真人、沖縄タイムス社

「現代沖縄経済論」内田真人、沖縄タイムス社

*著者は元日銀那覇支店長、あれ大学の学部が同じだが私はあまり授業に出ず教務課しか行ってなかったのでわからない。

*沖縄と言えば外為どっとコムさんが進出している。今まで為替でお世話になった内田氏より先輩の日銀の支店長の方や、新聞社の元所長の方からも沖縄経済の教えていただいていたので断片的な知識の整理ともなり興味深く読めた。

*自分自身では1977年に沖縄の全大学と野球の試合をさせていただいた(幸運にも全勝であった)ことがあった。

ということで沖縄経済の全体像から、本土依存度の高い経済、また外為どっとコム社のようなIT産業の活動状況、観光事情、デフレ事情などが書かれている

*沖縄の方は為替に関心のある方が多いと聞いている。ブログへのアクセス数も多いのである。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ランド円、内部要因踏ん張るも外部要因で下げ | トップページ | 先ずは数字、中国アメ政策で連騰、金利低下、貴金属戻る »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代沖縄経済論、内田真人、沖縄タイムス社:

« ランド円、内部要因踏ん張るも外部要因で下げ | トップページ | 先ずは数字、中国アメ政策で連騰、金利低下、貴金属戻る »