« 米中四大摩擦と爆弾、グーグル、武器、ダライラマ、人民元と爆弾 | トップページ | 三山 »

2010年2月 4日 (木)

日本銀行の中村清次審議委員=デフレ長期化

「日本銀行の中村清次審議委員=デフレ長期化」

デフレについて「経済の回復が緩慢なものにとどまるとの見通しの下では、供給に比べて大幅に不足している需要は早急には回復せず、短期間に物価の下落圧力が解消できるとは考えられない」と述べ、デフレが長期化する可能性があるとの見方を示した。

 中村氏は01年から06年に日銀が実施した量的緩和政策を引き合いに出して「直接的なデフレ脱却策としての効果は小さかった」と強調。「(日銀が)流動性の供給を増やすなどの施策だけでは、我が国がデフレから脱却できるとは考えがたい」と話し、日銀のさらなる追加緩和には否定的な考え方を示した。

 一方、中村氏は景気を下支えしている財政政策について「財政の持続性に関する懸念が世界的に高まっている」と指摘。

ギリシャの国債格下げや金利上昇などを例に挙げ、「我が国も『対岸の火事』として安穏としていられない。時期を見て緊急対応的な施策を見直すと同時に、中長期的な財政再建策について真剣に検討し、持続可能なバランスがとれた成長につなげていく必要がある」と語った。

(中国ある限り、中国の物価と同じくなるまで長期デフレは続くだろう)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 米中四大摩擦と爆弾、グーグル、武器、ダライラマ、人民元と爆弾 | トップページ | 三山 »

為替10年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本銀行の中村清次審議委員=デフレ長期化:

« 米中四大摩擦と爆弾、グーグル、武器、ダライラマ、人民元と爆弾 | トップページ | 三山 »