« 今週の豪ドル相場:津田 | トップページ | 反騰の可能性を探る : かかし »

2010年2月 8日 (月)

月曜早朝シドニー概況:津田

おはようございます。

G7明けの本日ドニー市場は「窓明け」とまではいきませんが、オープニング後欧州通貨、オセアニア通貨が上昇しています。週末G7で各国が景気刺激策の継続で合意したことも、とりあえず市場は好感し、先週大きく下げた分の調整買戻しでしょうか。ただNYKダウ、日経平均ともにCFDは10000の大台を割り込んでいるのが気になります。今週もリスク回避の動きが焦点でしょう。指標面では水曜日の米国貿易収支、財政収支、木曜日の1月米小売売上高、金曜日のユーロ圏Q4GDPが、また木曜日には1月豪州雇用統計が発表になります。また水曜日にはバーナンキFRB議長が流動性の出口戦略について議会証言します。

週末は飽き飽きするほどの雨です。もうシドニーの夏は終わったのか、、、、

週末の出来事発言等:

・べルルスコーニ・イタリア首相―イタリアは他の諸国よりはるかにうまく危機対応を行っている(2/7)

・OECDエコノミック・インディケーター―英国がOECD内で最強の景気回復にある。OECD先行指数は1973年以来の最強にある(2/7)

・スペインの財務当局が8日に同国の財政再建策に関して英国の投資家団とクレジット・エージェントと協議する予定(2/7)

・ドバイワールドは3月に支払期限が来る傘下のLimitless LLC の不動産部門に対する$1.2bio融資の延長策を模索(2/7)

・ガイトナー財務長官―回復は均一的ではない。時間がかかる(2/7)

・ターナー豪金融相―景気はまだ脆弱。追加景気策が必要(2/7)

・パパコンスタンティヌ・ギリシャ財務相―Q1の赤字削減結果がEUや投資家の信頼を得るために非常に重要(2/7)

・琉球諸島の南西でマグニチュード6.6の地震発生(2/7)

・G7コミュニケ-財務大臣は2010年も景気刺激策の継続で合意。金融機関の制度改革の目標達成を支持。これはG20で設定した今年年末期限のゴールに合致(2/7)
・菅財務相-中国経済のバブル現象が起きる懸念を注視している(2/7)
・独財務相シェーブル-ユーロの動きは誇張されている。ユーロは安定的であるべき(2/7)
・フラハティー・カナダ財務相-通貨の不均衡がG7の懸念事項(2/7)
・スペイン・ザパテロ首相-ユーロを防衛する(2/6)
・FRBホーニクー雇用の増加は緩慢ではあるが一貫して改善している(2/6)
・オバマ大統領―発表された雇用統計は米国がリセッションから抜け出しつつあることを示唆している(2/6)
・FRBバーナンキ議長10日に出口戦略について証言(2/6)



NYK closing

Sydney range

Tokyo6:00am

USDYEN

89.36

   89.20-89.45

89.35

EURUSD

1.3663

  1.3680-1.3717

1.3706

GBPUSD

1.5633

  1.5643-1.5670

1.5648

EURYEN

122.14

  122.07-122.65

122.48

GBPYEN

139.74

139.57-140.11

139.83

AUDUSD

0.8669

  0.8683-0.8705

0.8705

AUDYEN

77.48

     77.50-77.83

77.78

NZDUSD

0.6894

.0.6894-0.6901

0.6901

NZDYEN

     61.53

61.50-61.69

61.66

DOWCFD

10012

9973

OIL CFD

71.15

71.86

GOLDCFD

1052.65

1065.00

Then, have a nice day!!

Joe





日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 今週の豪ドル相場:津田 | トップページ | 反騰の可能性を探る : かかし »

2津田穣(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の豪ドル相場:津田 | トップページ | 反騰の可能性を探る : かかし »