« ドル円、朝と状況変わる | トップページ | ポンド円、ユーロ下落でポンドが追う »

2010年2月11日 (木)

ユーロ円、ギリシア問題、債券好感、為替悲観、明日GDP

「ユーロ円、ギリシア問題、債券好感、為替悲観、明日GDP」

朝は豪ドルにつられて上昇したが、ギリシア合意が「金融支援をギリシアが要求しなかった」(ファンロンパイEU大統領)と述べたため不透明感が漂い、また米失業保険改善でやや売られている。

*ギリシア利回りは6.01%から5.94%へ低下、市場は好感している

***

Ws000052 Ws000053

*2月5日からの上昇ラインまで迫ってきている

*ユーロ円もドル円や他のクロス円のように先週木曜の大陰線の中で遊んでいる。右肩上がりになりつつ、上昇ラインの下抜けだけ気をつけたい

十字線は反転の兆しとも言われているが少し動いてきた

* 日足では下限を拡大するボリバンだがそこからは離れてきた

*5日線下向きでまだ弱いが今日このまま終われば反転上向きに

*IMMのユーロショートはユーロで54億ある

*2月1日-3日の上昇ラインを下に切り3日-4日の下降ラインができたが、急激すぎたのでその外から始まり少し動く。2月5日-9日の上昇ラインが支え

(材料)

*今週はユーロ圏の4QGDPがある

Ws000054

(注文)

*売りは123から中が続く

*買いは122.0が大

*損切りは売りが122.30で中

買いは123.30で大

(予定)

12(金)  独 4QGDP、仏 4QGDP、4Q非農業部門雇用者数、ユーロ圏鉱工業生産、ユーロ圏4QGDP、ノボトニー・オーストリア中銀総裁

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドル円、朝と状況変わる | トップページ | ポンド円、ユーロ下落でポンドが追う »

為替10年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ円、ギリシア問題、債券好感、為替悲観、明日GDP:

« ドル円、朝と状況変わる | トップページ | ポンド円、ユーロ下落でポンドが追う »