« ユーロ円、ギリシア債6.6%へ、10年成長0.7%予想・低い | トップページ | 豪ドル円、利上げ懸念とギリシア問題響く »

2010年2月25日 (木)

ポンド円、ボリバン下限抜く、明日はGDP改定

ポンド円、ボリバン下限抜く、明日はGDP改定

Ws000041 Ws000042

*英株価指数FTSE-1.3%

*RBS収益悪化36億ポンドの赤字(バークレーは大幅黒字であった)

*パーカー英中銀政策委員のコメントも弱い、雇用個人消費の弱さに言及

*米指標の弱さもリスク回避でポンド売りに

(昨日は)英中銀ボーゼン委員は景気が下落するなら追加策も

「景気の回復は脆弱、緩やかな景気回復という政策委の基本シナリオに引き続き下振れリスクがある、国内外の需要回復で一定の兆し。」キング中銀総裁

*下降ラインは2月17日-19日のラインだったが角度をさら鋭くして下落

*2月5日-9日の上昇ラインを下抜いたままで推移。

*2月4日-12日の下降ラインのサポートも下抜く

*ボリバン下限136.93を下抜く

*一目雲は見えなくなった

*5日線は下向きへ

「ポンド円注文、材料、予定」

    (注文)

*売りは小さいものだけ

*買いは136割れから

*損切りの売りが135.0

Ws000043 

(材料)

*インフレに関する証言は景気の弱さを語ったが

*財政赤字拡大と小売売上げ悪化で既にポンドが売られていた

*明日GDPの上方修正の予測がある=26日(ブラウン首相が示唆)

(予定)

26(金)英GFK消費者信頼感指数、GDP改定値、個人消費改定値

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ユーロ円、ギリシア債6.6%へ、10年成長0.7%予想・低い | トップページ | 豪ドル円、利上げ懸念とギリシア問題響く »

為替10年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポンド円、ボリバン下限抜く、明日はGDP改定:

« ユーロ円、ギリシア債6.6%へ、10年成長0.7%予想・低い | トップページ | 豪ドル円、利上げ懸念とギリシア問題響く »