« 年間通貨チェンジ、円全面高、ドル高、ユーロ安 | トップページ | ドル円テクニカル、孕み線 »

2010年2月 7日 (日)

G-7まとめました、景気どっちやねん、為替中国怖い

「G-7まとめ、景気どっちやねん、為替中国怖い」

「景気」改善しつつあるものの、回復はまだ確固なものではない。刺激策を続ける必要がある一方、「出口戦略に目を向けて、より持続可能な財政に向け動き始めるべきだ」とも述べた。(どっちやねん)

「ギリシア」

トリシェ総裁は「ギリシャ政府は財政赤字を2012年に対国内総生産(GDP)比で3%以下にするという中期目標を設定し、ECB政策理事会も了承した。

「金融機関1」金融危機への対応でかかったコストを金融機関も負担

「金融機関2」ガイトナー米財務長官はわれわれが昨年9月にコミットしたタイムテーブルに沿って、強力かつ包括的な金融改革について合意に達することに、われわれは皆、強いコミットメントを共有している(ボルカ-ル-ルは?)

「中国」G7の為替に関する討議、中国について特に話はしなかった

「為替」為替に関する最近のG7声明の文言を変更する必要はないとの認識で一致

最近の為替声明は以下の通り、中国を賞賛しているが??

「為替レートの過度の変動や無秩序な動きは、経済及び金融の安定に対して悪影響を与える。我々は、引き続き為替市場をよく注視し、適切に協力する。我々は、中国のより柔軟な為替レートへの移行に対する継続したコミットメントを歓迎する。これは、実効ベースでの人民元の継続した増価をもたらすとともに、中国経済及び世界経済全体のより均衡の取れた成長の促進に寄与する。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 年間通貨チェンジ、円全面高、ドル高、ユーロ安 | トップページ | ドル円テクニカル、孕み線 »

為替10年2月」カテゴリの記事

コメント

■12月の景気一致指数、前月比1.6ポイント上昇 9カ月連続改善―この傾向は、麻生内閣によるもの、伸びが鈍化したり落ちたりすれば民主党政権のせい!

こんにちは。景気の底上げか顕著になってきました。しかし、これは、現民主党政権とは全く関係なく、あくまでも麻生政権の成果です。現在の日経新聞をはじめとする、マスコミはもとより、民主党も酷いマクロ経済音痴です。今後、景気の伸びが鈍化したり、落ちたりすれば、間違いなく民主党の責任です。現在、政治資金の問題ばかりが、クローズアップされていますが、前原大臣などにみられる顕著なマクロ経済音痴は即刻是正していただきたいものです。そうして、まともな経済運営、財政運営をしていただきたいものです。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2010年2月 7日 (日) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G-7まとめました、景気どっちやねん、為替中国怖い:

« 年間通貨チェンジ、円全面高、ドル高、ユーロ安 | トップページ | ドル円テクニカル、孕み線 »