« 米中摩擦、ダライラマ氏訪米 | トップページ | 夜はこれから »

2010年2月17日 (水)

Espana:水谷

野村さん、

Hola! スペインが悪い意味で注目を集めていますね。ユーロ相場に影響を与える可能性があり、変な意味で力が入りますし、これまでほとんど日本の方には馴染みがないので、スペイン紹介には力が入りますね。

サパテロ首相の経済演説があるとのことで、サパテロ首相を少し紹介します。フルネームはJose Ruis Rodoriguez Zapateroです。Zapateroとは靴屋という意味です。両親のfamily nameが苗字になります。気に入ったfamily nameが呼び名になります。社会労働党(PSOE)の党首でしたが、2004年3月11日の同時列車爆破テロで、たなぼた式に政権を奪取しました。それまでは国民党(PP)が350議席を持つ絶対与党であり、野党社会労働党は183議席にすぎませんでした。国民党は同時多発テロを北部バスクのETA(エタと言います。)の犯行と断定しました。これが一週間後に行われた総選挙に決定的な影響を与えました。その後イスラム過激派の犯行ではないかとの報道で、国民党は決定的打撃となりました。

フランコ独裁政権崩壊後は、国民党と社会労働党が交互に政権を担う政治体制です。ブルボン王朝を継承するファン・カルロス(Joan Carlos)国王を中心とした王政の復活です。イタリアに亡命しており、フランコ政権崩壊後にスペインに戻りました。政権が交代しても政治そのものが大きく変ることはない。ブッシュ政権にはイラクへの派遣部隊を即座に撤退させ嫌われましたが、国内の人気は労働者階級を中心に高いようです。日本の民主党と自民党の関係のようです。

現在は400万人を超す失業者を減らすことが最大の懸案です。日本でいうハローワークにはいつも長蛇の列です。国内産業は一次産業というよりも第三次産業中心です。観光立国と言えます。一次産業としては、SEATという国民車があるのですが、実際に走っている車はフランス、ドイツ車が多い。日産がバルセロナに工場を建てていますが、いつもリストラの対象です。そして農業国とも言えます。国外の景気に大きく左右され、金融危機では、イギリスの不動産投資の対象が地中海沿岸のリゾート地でしたから、その影響は大きい。建設業者が数多く倒産しました。海外からの観光客、そしてリゾート客が多く来て、お金を落とす状況になれば、景気も上向くと思います。それが財政赤字縮小の一番の良薬と思います。皆さんスペインに観光に出かけ、そしてどんどんお金を落としましょう。

それでは。 Adios!

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 米中摩擦、ダライラマ氏訪米 | トップページ | 夜はこれから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米中摩擦、ダライラマ氏訪米 | トップページ | 夜はこれから »