« ポンド円、ランド円、NY需給 | トップページ | ユーロ円、カブセの22日からの下降トレンド内 »

2010年2月26日 (金)

ドル円2月は節分大陰線を行ったり来たり

「ドル円2月は節分大陰線を行ったり来たり」

*米4QGDPが5.7%から5.9%へ上方修正

*2月は節分の大陰線を軸にした相場だった。それをコツコツと挽回して上抜いたところからカブセ線が出て月末の輸出が出てまた2月4日の終値のあたりへ。行ったり来たり細かく何度もとりたい。これが為替。

*これからシカゴ-ミシガン-中古住宅

Ws000027 Ws000028

*ボリバン下限は88.63

*株、貴金属小動き。原油は小幅上昇た 

*1月8日と2月3日の下降ラインがサポート88後半

*2月5日-16日の上昇ラインを下抜いた

*2月22日-23日の下降ラインとそれを下方移動したレンジ。

*5日線は下向きに転じる

「ドル円注文と材料、予定」

(注文)昨日と同じレベル

*売りは89.25から

*買いは89.0から

*損切りは売りが89.0、今日は損切りの買いも89.25から入っている

Ws000029 

(材料)

*菅財務大臣常に日銀にデフレ克服に協力を要請という。無視されているのだろうか

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポンド円、ランド円、NY需給 | トップページ | ユーロ円、カブセの22日からの下降トレンド内 »

為替10年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円2月は節分大陰線を行ったり来たり:

« ポンド円、ランド円、NY需給 | トップページ | ユーロ円、カブセの22日からの下降トレンド内 »