« ドル円続々報、需給 | トップページ | ドル円、損切り落ち着く »

2010年1月 5日 (火)

ユニクロの民族大移動

「ユニクロの民族大移動」

*中国で安い製品製造して日本で売るユニクロ方式は他社も追随、生産地を中国からベトナム、カンボジアに移す時代となっている

*そのユニクロは年内にも数百人規模のグループ社員を海外に転勤させる方針を明らかにした。中国や韓国、ロシアなどに積極出店するのに伴う措置。現在の海外勤務者数は約100人で、一気に数倍もの社員を海外に出すことになる。

 柳井正会長兼社長がフジサンケイビジネスアイの取材で明らかにした。柳井会長は2010年を「民族大移動の年」と位置づけた。

*企業の自主防衛、発展からは当然の行動である。

*政府も甘っちょろい円安、事業仕分けを続けているとさらに民族移動していくだろう。日本から工場がなくなっていく。そういえば米国にもゴーストタウンのようなところが80年代から見たことがあった。日本の安売り攻勢で工場を閉鎖した。同じことが今度は日本に対して行われている。 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドル円続々報、需給 | トップページ | ドル円、損切り落ち着く »

為替10年1月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユニクロの民族大移動:

« ドル円続々報、需給 | トップページ | ドル円、損切り落ち着く »