« ランド円、下降ライン上抜け | トップページ | ソフトランディングの可能性が低い中国の不動産バブル: 呂 新一 »

2010年1月20日 (水)

横浜コトブキ、フィリピーノ、レイベントゥーラ、現代書館

「横浜コトブキ、フィリピーノ」、レイベントゥーラ、現代書館

*横浜は寿町に住むフィリピンからの出稼ぎ労働者の物語。

寿町は石川町の中華街口で下車、中華街と反対方向にある

*著者の日記をもとにして書いた本。配偶者は日本人女性。

*普通でない人生を生きる人が普通でない物語を語る。

*様々な問題を抱えながらたくましく生きているフィリピン人たちの姿を描いている。ある者は熟練したトビ職人になり、ある者はこどもを生み育て、ある者は日本人ホームレスに交じってブルーマンションに住んでいる。中村川沿いにある掘立小屋に青いビニールシートをかぶせたもの。

*皆隠れておびえながら住んでいる。フィリピン人不法労働者、斡旋業者、警察がそれぞれの役割を演じている。普段は見てみぬふりをして、世論が要求した時だけなばかりの手入れを行う

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ランド円、下降ライン上抜け | トップページ | ソフトランディングの可能性が低い中国の不動産バブル: 呂 新一 »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜コトブキ、フィリピーノ、レイベントゥーラ、現代書館:

« ランド円、下降ライン上抜け | トップページ | ソフトランディングの可能性が低い中国の不動産バブル: 呂 新一 »