« 「ドル円続報」 | トップページ | 「ドル円、ユーロ円、ランチタイム」 »

2010年1月 6日 (水)

金利からはギリシア問題落ち着いている

「金利からはギリシア問題落ち着いている」

*ギリシア問題が起きた時はギリシア債売りドイツ債買いをするのが市場だがそのスプレッドは12月よりも狭まっている。狭まっているということは落ち着いてきていることだ

*中南米国でこのような債務問題が起きればすぐに10%金利になるが5%台なら気が抜ける

*それとは別に出口政策模索で長期金利は全体的に上昇している

  12月 1月6日
Australia 5.62% 5.69%
Austria 3.55% 3.88%
Belgium 3.59% 3.72%
Canada 3.40% 3.56%
Denmark 3.55% 3.66%
Finland 3.46% 3.56%
France 3.45% 3.60%
Germany 3.20% 3.37%
Greece 5.57% 5.69%
Italy 4.01% 4.10%
Japan 1.25% 1.34%
Netherlands 3.41% 3.55%
New Zealand 6.08% 6.09%
Norway 3.99% 4.16%
Portugal 3.86% 4.04%
Spain 3.82% 3.97%
Sweden 3.32% 3.47%
Switzerland 1.90% 2.11%
UK 3.89% 4.01%
US 3.59% 3.76%

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 「ドル円続報」 | トップページ | 「ドル円、ユーロ円、ランチタイム」 »

為替10年1月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ドル円続報」 | トップページ | 「ドル円、ユーロ円、ランチタイム」 »