« 今週の豪ドル相場:津田 | トップページ | 米国の景気動向を読む : かかし »

2010年1月11日 (月)

月曜早朝シドニー市況:津田

おはようございます。
週末はシドニー30度を超える猛暑。その中でMedibank Internationalという国際A級のテニストーナメントがシドニーで開催されています。ブリスベンやメルボルンなどその他数箇所で同様の全豪オープン前哨戦が繰り広げられています。昨日Medibankで伊達公子の応援をしてきました。御年40歳(?!)になろうとする伊達は十代のオージーガールに2-6,6-3,6-3で逆転勝利し本戦出場を決めました!!本戦にはセリーナ・ウイリアムズはじめ強豪が出ていますが<伊達よくやった!!>
さて、相場の方は、やはり金曜日の米雇用統計の影響でしょうか、米利上げ観測の後退から米ドルがオセアニア通貨中心に若干売られています。
本日は東京が休場なので商いは非常に薄いようです。ここまで米ドルが買い戻されてきただけに、週初はその揺り戻しが先行するのでしょうか。ただ米雇用状況の改善傾向は続くと思いますが、、、

豪州国内では木曜日の12月雇用統計が焦点。(予想:雇用者数+10千人、前回+31.2千人、失業率5.8%、前回5.7%)
年初来顕著である主要国の株価と商品相場の堅調が更に継続するか?注目したいところです。

週末の出来事発言等:

・China State Council-ホットマネーによる投機抑制のため不動産市場での規制導入へ(1/10)
・米大統領経済諮問委員長ローマー-大統領は雇用創出の追加措置を計画している。現状から見て財政赤字は焦点ではない(1/10)
・IMFリプスキー-日本の増大する財政赤字は目先の危険ではない(1/10)
・独経済相-経済ターゲット達成が出来なかったEUメンバーへの制裁措置にはには反対(1/10)
・中国の12月貿易収支+$18.4bio(前回+$19.0bio)(1/10)
・オバマ大統領-12月雇用統計は回復への道のりが一直線でないことを示している(1/9)
・FEDラッカー理事-商業不動産が足元の懸念材料。住宅と車産業はもはや景気の足を引っ張る要因ではなくなってきている(1/9)

NYK closing

Sydney range

Tokyo6:00am

USDYEN

92.50

   92.39-92.67

92.40

EURUSD

1.4425

  1.4405-1.4438

1.4437

GBPUSD

1.6026

  1.6034-1.6061

1.6061

EURYEN

133.48

  133.41-133.62

133.43

GBPYEN

148.26

  148.41-148.47

148.45

AUDUSD

0.9241

  0.9249-0.9286

0.9280

AUDYEN

85.48

     85.71-85.80

85.78

NZDUSD

0.7367

.0.7389-0.7394

0.7390

NZDYEN

     68.25

68.27-38.32

68.30

DOWCFD

10618

10616

OIL CFD

82.75

92.91

GOLDCFD

1138.00

1137.00

Then, have a nice day!!

Joe

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 今週の豪ドル相場:津田 | トップページ | 米国の景気動向を読む : かかし »

2津田穣(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の豪ドル相場:津田 | トップページ | 米国の景気動向を読む : かかし »