« ポンド円、雲の下限、ボリバン下限から反転 | トップページ | NZ円、金利は据置予想 »

2010年1月26日 (火)

豪ドル円、米中古住宅悪化でやや下げ

「豪ドル円、米中古住宅悪化でやや下げ」

Ws000006

*ここまでリスク選好の流れで底堅かったが、米中古住宅販売悪化でやや売られている

*米株価次第

(テク)

*月足は昨年2月-7月の月足上昇ラインを一旦下抜きそのラインへ挑戦したが反落

*日足は12月28日-29日の上昇ラインを下抜いて一目の雲の上限の81まで下落。なんとか雲の上限で今日は踏ん張っている

*1月21日ー22日の下降ラインは上抜く

*5日線は13日下降に転じた

*ボリバンでは上限から反落、下限は79.22

(材料)

*今月はまさに素晴らしい指標が続いて12月には一旦後退した利上げ機運が盛り上がってきた。本日のPPIは予想より低下だが、より金利に敏感なのはCPI

*バーナンキ議長の再任観測でリスク選好で買われる

*2月2日の政策決定会合前にとCPIの発表がある

(注文)

*売りは82.0に大
買いが81.10以下が大

*損切りはないが80.50に中

(予定)

25(月)豪 4QPPI

26(火)シドニー休場

27(水)豪 4QCPI

Ws000007

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポンド円、雲の下限、ボリバン下限から反転 | トップページ | NZ円、金利は据置予想 »

為替10年1月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドル円、米中古住宅悪化でやや下げ:

« ポンド円、雲の下限、ボリバン下限から反転 | トップページ | NZ円、金利は据置予想 »