« ブームはどう始まり、どう終わるのか | トップページ | 来週の焦点、中国指標、米貿易、ベージュ、ECB金利 »

2010年1月 9日 (土)

先ずは数字、株、金利、商品上昇

「先ずは数字、株、金利、商品上昇」

*米株=雇用統計不冴えで売られるも、来週からの企業決算期待で買われ3営業日続伸

*中国株=依然、金融引き締め警戒感強いが開発案件が打ち出される思惑、証券会社の好業績をきっかけに買い戻され小幅上昇

*米債券=雇用統計不冴えで買われるが来週の入札を控え売られ利回り上昇

*原油=景気回復感後退で下げる場面あるも他の商品価格上昇に連れて小幅上昇

*貴金属=予想より弱い米雇用指標でドルが下げ貴金属買われる

*穀物=前日同様 大豆は南米豊作観測、コーンは堅調

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ブームはどう始まり、どう終わるのか | トップページ | 来週の焦点、中国指標、米貿易、ベージュ、ECB金利 »

為替10年1月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先ずは数字、株、金利、商品上昇:

« ブームはどう始まり、どう終わるのか | トップページ | 来週の焦点、中国指標、米貿易、ベージュ、ECB金利 »