« ポンド,CPI強い、明日は雇用 | トップページ | 続しぶといNZ、まもなくCPI »

2010年1月20日 (水)

豪ドル円、材料申し分なし、ユーロ安に連れる

「豪ドル円、材料申し分なし、ユーロ安に連れる」

Ws000015

*非の打ちどころのない指標が続くが伸び悩み

12月TD-MIインフレ率(前年比+2.6%)とジワジワインフレが強くなっている

*年初からこれでもかというくらい強い景気指標が続いた(新築住宅販売、住宅建設許可、小売売上、AIG建設業指数、ANZ求人広告、雇用統計、商業ローン、個人ローン、弱かったのは住宅ローン)

*今週はメジャー指標なし

*政策金利決定は2月2日。利上げ予想が強くなっている。RBAが中立とする金利は4.5%か5%かの議論になっている。1月後半にPPI、CPIの発表あり

*他通貨の親分ユーロの弱さに引きずり込まれる

Ws000017

(注文)

*売りは84台が目立つ84.30が大、84.50以上も中以上 

*一方買いは小さい。83.50で中程度

*損切りの売りが83.70で中

(テク)

*日足は12月28日-29日の上昇ラインを下抜き

*5日線は13日下降に転じているが今日このまま終われば上向きに転じる

*ボリバンでは上限から反落

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポンド,CPI強い、明日は雇用 | トップページ | 続しぶといNZ、まもなくCPI »

為替10年1月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドル円、材料申し分なし、ユーロ安に連れる:

« ポンド,CPI強い、明日は雇用 | トップページ | 続しぶといNZ、まもなくCPI »