« 陥りやすいやられパターン:津田 | トップページ | 最近の豪ドル相場:津田 »

2010年1月29日 (金)

アジア株下洛

12時過ぎのアジア株です。

100129

上海総合指数、ベトナムのVN指数を除いて下がっています。なかでも韓国の韓国総合指数、日経平均株価、台湾の加権指数が大きく下げています。

韓国では、サムスン電子が09年第4四半期決算を発表。純利益は、前年同期の222億ウォンの赤字から3兆500億ウォン(約2400億円)の黒字に転換したものの、市場予想を下回ったため、売られています。

一方、台湾では、昨日09年第4四半期決算を発表し、純利益が前年同期の124億5000万台湾ドルから326億7000万台湾ドルに拡大し、市場予想の316億台湾ドルも上回った台湾セミコンダクタ(TSMC)について、外資系証券が目標株価を引き上げているようです。

摩根大通(JPモルガン)証券は75台湾ドル、德意志(ドイツ)、瑞士信貸(クレディスイス)証券は「買進(BUY)」で78台湾ドル、瑞銀(UBS)証券は「中立」で64.5台湾ドル、匯豐(HSBC)証券も「中立」で65台湾ドルだそうです。高盛(ゴールドマンサックス)証券は「中立」で目標株価を64台湾ドルから63台湾ドルに引き下げています。ちなみに、これを書いている時点での同社の株価は前日比+2%の61.2台湾ドルです。

なお、日本ではアイザワ証券で台湾株の取引ができます。また、楽天証券ではADRで台湾セミコンダクタ株の取引が可能です。

それにしても「買進」って、「BUY」よりも「買いだぞ~!」という感じがしてワクワクしますよね。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 陥りやすいやられパターン:津田 | トップページ | 最近の豪ドル相場:津田 »

5大山弘子(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 陥りやすいやられパターン:津田 | トップページ | 最近の豪ドル相場:津田 »