« 先ほどの韓国報道で20銭 ドル高 | トップページ | やはり中国本位制 »

2010年1月27日 (水)

そごう日銀、西武日銀

そごう日銀、西武日銀」

銀座の西武が閉店となる。日本の一等地にありながら閉店に追い込まれるのが現在の日本を表しているかもしれない。昨日、日銀は景気見通しを上方修正した。西武と日銀の二つの報道で2000年のことを思い出した。20007月に有楽町そごうの破たんがありながら日銀はゼロ金利を解除した。政府の反対があったが日銀は金融緩和を解除した。結果は景気が再び悪化して日銀はまもなくゼロ金利に戻すこととなった。

 今回の日銀総裁の会見からも政府や世間一般の景気認識をより日銀は楽観的に見える。また自らCPIがマイナスの伸びの見通しを示したにもかかわらず追加金融緩和策をとることはなかった。まさに具体的な西武閉店という事象がありながら楽観的になっていることは理解できないが、日銀が楽観的となり、その後景気が悪化してあわてて金融緩和策をとることは何度もあった。三重野総裁が株価急落にもかかわらず利上げをしたこと、福井総裁の金融引き締めでサブプライム問題で苦境に陥った米株よりに日本株が下落したこともあった。三度あることは四度あるのだろう。

|

« 先ほどの韓国報道で20銭 ドル高 | トップページ | やはり中国本位制 »

為替10年1月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 先ほどの韓国報道で20銭 ドル高 | トップページ | やはり中国本位制 »