« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

今週の講演、ボルカー議長証言、予算教書、G-7

「今週の講演など、ボルカー議長証言、予算教書、G-7」

1(月)岡田外相講演、日銀調査統計局長会見、予算教書、ガイトナー財務長官議会証言、
2(火)ボルカー経済財政諮問会議議長議会証言、
3(水)ウォーシュFRB理事
4(木)中村日銀委員講演、トリシェ総裁講演
5(金)ブラードセントルイス連銀総裁講演、G-7(カナダ、イカルウィット)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の焦点、豪、英、ユーロ金利、中国製造業PMI、予算教書、米 雇用、G-7

「今週の焦点」

(今週の焦点)豪、英、ユーロ金利、中国製造業PMI、予算教書、米 雇用、G-7、

1(月)NZ休日(ワイタンギデー)日 自動車販売、中 製造業PMI、仏 PPI、香港 小売売上、スイスSVMEPMI、英 消費者残高、マネーサプライ、ユーロ圏製造業景気指数、予算教書、米 個人所得、個人支出、PCEデフレーター、ISM製造業景況指数、建設支出

2(火)日 マネタリーベース、勤労統計、豪 政策金利ユーロ圏PPI米 中古住宅販売、自動車販売

3(水)英 消費者信頼感指数、サービス業PMI、豪 貿易収支、ユーロ圏小売売上、サービス業PMI、米 ADP雇用者数、チャレンジャー社人員削減数、ISM非製造業景況指数、MBA住宅ローン申請件数、

4(木)NZ 失業率、豪 小売売上、住宅建設許可、スイス 貿易収支、独 製造業受注、英中銀政策金利、ECB政策金利、米 非農業部門生産性、単位労働費用、失業保険、製造業受注、加 IVEYPMI、

5(金)豪中銀四半期金融政策報告、日 景気動向指数、仏 貿易収支、英 PPI、独 鉱工業生産、OECD景気先行指数、加 雇用ネット変化、失業率米 雇用統計、消費者信用残高、G-7

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動いた通貨週間

「動いた通貨週間」

*対ドルでは1%超動いた通貨が多い、ドル高方向

*クロス円でもユーロ円、スイス円、豪ドル」円」が1%超の下落

*ポンドはユ-ロに対し強かった

  1月22日 1月29日 変化率%
ドル円 89.81 90.26 0.45 0.50
ユーロ円 126.96 125.12 -1.84 -1.45
ポンド円 144.72 144.27 -0.45 -0.31
カナダ円 84.88 84.29 -0.59 -0.70
豪ドル円 80.88 79.77 -1.11 -1.37
NZドル円 63.73 63.28 -0.45 -0.71
スイス円 86.2 85.08 -1.12 -1.30
ランド円 11.73 11.83 0.1 0.85
 
  1月22日 1月29日 変化率%
ユーロドル 1.4134 1.3862 -0.0272 -1.92
ポンドドル 1.6111 1.5986 -0.0125 -0.78
ドルスイス 1.0415 1.0605 0.019 1.82
ドルカナダ 1.0576 1.0701 0.0125 1.18
豪ドルドル 0.9006 0.8835 -0.0171 -1.90
NZドルドル 0.7095 0.7006 -0.0089 -1.25
ドルランド 7.6564 7.6298 -0.0266 -0.35
         
  1月22日 1月29日 変化率%
ユーロポンド 0.877 0.8669 -0.0101 -1.15
ユーロスイス 1.4723 1.4702 -0.0021 -0.14
豪ドルNZドル 1.2682 1.26 -0.0082 -0.65

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休みの豪ドル円注文、材料、予定

「休みの豪ドル円注文、材料、予定」

Ws000003

(材料)

*今月はまさに素晴らしい指標が続いて12月には一旦後退した利上げ機運が盛り上がってきた。2月2日に政策金利決定で予想は0.25%引き上げ

*ただ豪ドル相場は軟調推移。中国引き締めとオバマショックで資源国通貨などリスク資産が売られている

(注文)

*レベルダウンだが先週と同じ形

*買いが79.80-79.50に中から大

*ただ損切りの売りも79.50に中で下落余地あり

(予定)

1(月)NZ休日(ワイタンギデー)
2(火)豪 政策金利

3(水)豪 貿易収支
4(木)NZ 失業率、豪 小売売上

5(金)豪中銀四半期金融政策報告、G-7

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週間チェンジ商品&株価が2%超の下げ

「週間チェンジ、商品&株価が2%超の下げ」

*商品&株価が2%超の下げ

*ドルインデックスは上昇

  1月22日 1月29日
原油 74.54 72.89 -1.65 -2.21
1089.70 1083.80 -5.90 -0.54
CRB 275.56 265.59 -9.97 -3.62
ドルINDEX 78.25 79.48 1.23 1.57
コーン 364.75 356.50 -8.25 -2.26
大豆 951.50 914.00 -37.50 -3.94
16.93 16.23 -0.71 -4.18
パラジウム 430.50 412.00 -18.50 -4.30
プラチナ 1545.00 1498.00 -47.00 -3.04
         
JGB 1.33 1.32 -0.01 -0.75
         
米10年債金利 3.61 3.59 -0.02 -0.58
米30年債金利 4.54 4.49 -0.05 -1.01
米株個別        
フォード 10.52 10.84 0.32 3.04
グーグル 550.01 529.94 -20.07 -3.65
シティ 3.25 3.32 0.07 2.15
VISA 82.73 82.03 -0.70 -0.85
ボーイング 57.77 60.60 2.83 4.90
NYDJ 10172.98 10067.33 -105.65 -1.04
ナスダック 2205.29 2147.35 -57.94 -2.63
上海総合 3128.50 2989.29 -139.21 -4.45
FTSE 5302.99 5188.52 -114.47 -2.16
DAX 5695.32 5608.79 -86.53 -1.52
日経 10590.55 10198.04 -392.51 -3.71

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイス円テク、下降ラインに沿って

「スイス円テク、下降ラインに沿って」

Ws000035

*月足では昨年から続く85-90のレンジ抜けずであったが85スレスレ

*日足では1月14日-20日下降ラインに沿って下落中

*12月18日-30日の上昇ライン下抜ける。一時戻したがそのラインで跳ね返され下落

*一目の雲の上限87.90を下抜け、一気に雲の下へ

*ボリバンでは下限が84.49

*5日線下降継続(1月14日以来)

Ws000036

Ws000037

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

休みのポンド円注文、材料、予定

「休みのポンド円注文、材料、予定」

Ws000002

(材料)

*政策金利は据え置かれるだろう

*4QGDPは予想の前期比+0.4%より低い+0.1%に。ただギリシア問題で揺れるユーロがより安く、ポンドドルは金曜以外は底堅かった。

*センタンス英中銀委員はポンド安がインフレを起こす可能性があるならば、政策を変更する必要があると発言。これでポンド上昇、ユーロに対しても強い。

*もともと英国はユーロ圏よりインフレ懸念が強い

*ダ-リング財務相がGDP不冴えで景気刺激策継続を主張

*ただ大きな流れは中国のムチが効いている(リスク回避)

*春に総選挙あり

(注文)

*ほぼ先週同様に144.0の買いと損切りの売りがある。

(予定)

1(月)英 消費者残高、マネーサプライ、予算教書、
3(水)英 消費者信頼感指数、サービス業PMI、
4(木)英中銀政策金利、ECB政策金利

5(金)英 PPI、米 雇用統計

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (1) | トラックバック (0)

動いた通貨、日々

「動いた通貨、日々」

1月28日から1月29日

*豪ドルドルが1%超の下げ

*ドルは全面高

  1月28日 1月29日 変化率%
ドル円 89.89 90.26 0.37 0.41
ユーロ円 125.59 125.12 -0.47 -0.37
ポンド円 145.06 144.27 -0.79 -0.54
カナダ円 84.29 84.29 0 0.00
豪ドル円 80.41 79.77 -0.64 -0.80
NZドル円 63.34 63.28 -0.06 -0.09
スイス円 85.45 85.08 -0.37 -0.43
ランド円 11.81 11.83 0.02 0.17
  1月28日 1月29日 変化率%
ユーロドル 1.397 1.3862 -0.0108 -0.77
ポンドドル 1.6136 1.5986 -0.015 -0.93
ドルスイス 1.0519 1.0605 0.0086 0.82
ドルカナダ 1.066 1.0701 0.0041 0.38
豪ドルドル 0.8945 0.8835 -0.011 -1.23
NZドルドル 0.7044 0.7006 -0.0038 -0.54
ドルランド 7.6113 7.6298 0.0185 0.24
         
  1月28日 1月29日 変化率%
ユーロポンド 0.8655 0.8669 0.0014 0.16
ユーロスイス 1.4698 1.4702 0.0004 0.03
豪ドルNZドル 1.2683 1.26 -0.0083 -0.65

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休みのユーロ円注文、材料、予定

休みのユーロ円注文、材料、予定」

Ws000001

(材料)

*中国の金融引き締めと米国の金融規制強化でリスク回避の流れあり

*若干出口政策を示唆するECB関係者もいるがギリシア債利回り上昇もあり今回のECB理事会も慎重なものとなろう

*ユンケル議長のギリシアの破たんリスクない、ウェーバー独連銀総裁の景気はゆっくり回復していると発言

(注文)

*先週の休みは126.0に買いと損切り売りが同居していた

*今回も124.70に損切りが中程度あり

*普通の注文は125.0から124.50に中程度買いがある

(来週の予定)

1(月)仏 PPI、スイスSVMEPMI、ユーロ圏製造業景気指数、予算教書

2(火)ユーロ圏PPI

3(水)ユーロ圏小売売上、サービス業PMI、米
4(木)スイス 貿易収支、独 製造業受注、英中銀政策金利、ECB政策金利、

5(金)仏 貿易収支、独 鉱工業生産、OECD景気先行指数、米 雇用統計、G-7

(決算)

4日(木)サンタンデール銀行、ドイツ銀行、UBS

#3300cc;">野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先ずは数字、ドル高資源安円高株安

「先ずは数字、ドル高資源安円高株安」

*米株=4QGDPは予想を上回るも、業績見通しで慎重なハイテク株中心に売られる

*中国株=金融引き締め策と農村での建材購入補助策打ち出し観測でマチマチ

*米債券=米株下落、ギリシアなど欧州債懸念で買われる。利回り低下

*原油=株下げとドル上昇で下落

*貴金属=ユーロでのドル高見ながら下落

*穀物=ドル高、南米豊作で下落

  1月28日 1月29日
原油 73.61 72.89 -0.72 -0.98
1084.80 1083.80 -1.00 -0.09
CRB 267.58 265.59 -1.99 -0.74
ドルINDEX 78.90 79.48 0.57 0.73
コーン 361.75 356.50 -5.25 -1.45
大豆 931.75 914.00 -17.75 -1.91
16.22 16.23 0.00 0.02
パラジウム 413.55 412.00 -1.55 -0.37
プラチナ 1509.00 1498.00 -11.00 -0.73
         
JGB 1.31 1.32 0.00 0.38
         
米10年債金利 3.64 3.59 -0.05 -1.37
米30年債金利 4.55 4.49 -0.06 -1.36
米株個別        
フォード 11.41 10.84 -0.57 -5.00
グーグル 534.29 529.94 -4.35 -0.81
シティ 3.24 3.32 0.08 2.47
VISA 82.65 82.03 -0.62 -0.75
ボーイング 62.56 60.60 -1.96 -3.13
NYDJ 10120.46 10067.33 -53.13 -0.52
ナスダック 2179.00 2147.35 -31.65 -1.45
上海総合 2994.14 2989.29 -4.85 -0.16
FTSE 5145.74 5188.52 42.78 0.83
DAX 5540.33 5608.79 68.46 1.24
日経 10414.29 10198.04 -216.25 -2.08

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休みのドル円注文、予定、材料

「休みのドル円注文、予定、材料」

おはようございます。目痛も回復してきました。再開させて頂きます

Ws000000

(注文)

*先週は89.70の損切りの売りがあり先ずはそれをつけにいって89.12まで下落。その後は予想通り米国GDPを前にじり高。発表後上昇するも株下げでドル下落(ドル円だけ)=週足はほぼ寄り引き同時

*今回は90.0のドル買いの中が休みに入っている

(材料)

*G-7があるが全体的なドル高の中、世界の当局は不満はない(除くデフレ日本)。中国にあまり効果のない人民元切り上げへの言及をするだけか

米国予算教書で財政赤字削減、金融問題にさらに言及するか

*日本企業の収益も昨年からは好転、リパトリは出てくる。ただトヨタなどのリコールにも注目

*国会は代表質問が始まる

外貨投信は月末の野村投信に注意

*先週の首相も誰に言わされたのかすぐさま円高に手を打たないという=自分の意見ではない感じ。

*菅財務大臣も95円発言を無知の知性派もどきに批判されて為替を語らない。M国家日本だから仕方がない

*米指標よし、円以外でドル高のノーマルな展開

*中国製造業PMIあり

(予定)

1(月)日 自動車販売、中 製造業PMI、
2(火)日 マネタリーベース、勤労統計

5(金)日 景気動向指数、米 雇用統計、G-7

(決算)
1(月)味の素、コスモ石油、ダイハツ、エクソン、
2(火)三菱電気、TDK、伊藤忠、三井物産、野村HD、ソフトバンク

3(水)帝人、旭化成、住金、神戸製鋼、シャープ、三菱自動車、ホンダ、新生銀行、三菱UFJ、横浜銀行
4(木)三越伊勢丹、オリエンタルランド、日立、ソニー、三菱重工、トヨタ、富士重工、ニコン、オリックス

5(金)国際帝石、パナソニック、マツダ、スズキ、NTT

(講演)
1(月)岡田外相講演、日銀調査統計局長会見、予算教書
4(木)中村日銀委員講演
5(金)G-7(カナダ、イカルウィット)

(外貨投資)
1(月)DIAMアセットマネジメント世界好配当株式ファンド、  大和投信 ダイワ 成長国セレクト債券ファンド、大和住銀投信投資顧問 エマージング・ボンド・F・元コース
2(火)ムーンライトキャピタル ムーンライト・エイドスファンド
3(水)
4(木)フォルティス・アセットマネジメント ヘッジファンド・リターン、 野村AM ブラジル・インフラ関連株投信、 野村AMブラジル・インフラ関連株投信

 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

回復しました

「回復しました」

P1000013

 おはようございます
目痛で2日静養していましが
回復しましたので投稿再開させていただきます

 いろいろお気遣いありがとうございました

久々に散歩しました。海は若干荒れているようです。

野村

P1000010 P1000012

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (2)

2010年1月29日 (金)

ブラジルはあと6年で先進国入り?

ブラジルのニュースを探していたら、こんな記事がありました。

「応用経済調査院が極貧率ゼロを示唆 - ブラジルの応用経済調査院(Ipea)のポックマン会長は、12日、あと6年で『餓死』という言葉はブラジルでは死語になり、単なる表現詞に過ぎなくなるだろうとし、ブラジル社会があと6年で先進国入りをするような表現をした」

ただし、これを実現するには、家族補助計画(ボルサファミリア)や最低給料の実質引き上げ、融資増などの現在の社会経済政策の継続が必要だということです。

政策が継続すれば、所得が最低給料(510レアル=約2万4870円、2010年1月現在)の4分の1である極貧層が、あと6年でゼロになるのだとか。

ちなみに、1人あたりの所得が最低給料の半分の貧困層は、08年の28・8%から4%に下がってるそうです。

ブラジルでは、03年にルーラ大統領が就任してから10年1月までに、最低給料は累積で155%引き上げられているそうです。この間のインフレは59%だとか。給料の引き上げがインフレを上回っているんですね。

さらに、こんなニュースも。

「労働シンジケート社会経済調査統計所(Dieese)では、最低給料の引上げにより、10年を通じて266億レアルの所得増になり、購買力は過去30年間で最大になろうとみている」

10年というのは、2010年、つまり今年のことです。ブラジルでは、この1月から最低給料が510レアルとなり、従来より実質5・87%引き上げられています。その結果、ブラジル全体では266億レアル(約1兆2979億円)の所得増になるということのようです。それだけ所得が増えたら、購買力も上がりますよね。なんとも景気のいいお話です。

ちなみに、22時50分頃のボベスパ指数は、66,377.2109 で1.20%のプラスとなっています。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

インド株、タイ株、ベトナム株が小幅に上昇 

本日のアジア株です。

100129_2

インドのセンセックス指数、タイのSET指数、ベトナムのVN指数が小幅に上がったほかは下落しました。

インドでは、準備銀行(中央銀行)が現金準備率(CRR)の引き上げを発表。引き上げは2段階に分けて実施され、2月13日に50bp、2月27日に25bp引き上げ、5.75%となるようです。政策金利であるレポレートは4.75%、リバースレポレートは3.25%に据え置かれています。なお、準備銀行は、2010年のGDPの伸び率の予想を、これまでの6%から7.5%に引き上げています。

センセックス指数は、現金準備率の引き上げ発表後、下落する場面もありましたが、午後の取引ではインド第2位の規模のICICIバンク(民間銀行では最大手)が5.3%上昇するなど、金融関連が上昇しています。

タイですが、ロイターインディアに「タイでは09年12月の製造業生産とエレクトロニクスの輸出が強く、第4四半期のGDPも強いものとなり、2010年もこの状況が続くことが期待される」という記事がありました。これを受けてか、8日連続で下げていたSET指数が上昇。石油会社のPTTが3%、化学会社のPTTケミカルが2.25%、バンコク銀行が1%、上がっています。

ベトナムでは、バオミン保険(+4.93%)、サイゴン燃料(+4.89%)、タイニンゴム(+4.84%)などの銘柄が大きく上がっています。ベト株.comによると、サコムバンクが年間計画を34.4%上回る年間連結利益を発表したほか、ペトロベトナムファイナンスも年間計画を53%上回る利益を発表したそうです。また、サイゴンツーリスト(サイゴン観光総公社)は、日本や米国でホテルの買収計画を進めているというニュースもありました。日本のホテルがベトナムの企業に買われる時代になったんですね…。

香港のハンセン指数、H株指数は1%超、日経平均株価、韓国総合指数は2%を超える下落です。

台湾の加権指数は午前よりも下落幅が縮小しました。TSMC(台湾セミコンダクタ)は2.5%上昇して引けています。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ユーロ円チャート:水谷

長期のギャンチャート分析です。

Euroyenjan29

昨年8月10日高値138.46起点のギャンライン1x8を天井に現在は1x4(現在126.58)を下抜けし、1x3(現在122.62)を目指す動きのようです。過去の動きからは一瞬このラインをタッチする動きがあるのではと思うのですが。しかし、RSIは30以下とちょっと売られ過ぎの水準にあるようです。現在は「円>ドル>ユーロ」の序列のようで、クロス円は一方方向に動きがちです。注意してください。しかし、私はドルの金利上昇リスクから円とドルの立場が入れ替わる可能性もあるのではと思います。それはフェッド・ファンド先物の動きが参考となります。この序列が変わるとドル/円ではドル高/円安の方向に振れると考えらえ、クロス円ではその動きを弱められるのではと思います。その場合はユーロ/ドルではユーロ安が一層鮮明になりますが。

それでは。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一

過去15年間、勝率が6割超を維持してきた予測方法は、今暫く、ポジションを持たないことを示唆しています。

(この予測方法は、今の状況下で、明日の株価動きを高い確率で予測することができません)。

===========

なお、当然のことですが、このコメントに基づく取引で損失が発生しても、当方は一切の責任を負いません。あくまでも自己責任です。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

最近の豪ドル相場:津田

小局)豪ドル続落

 今週も豪ドルは続落した。1月中旬に始まった下げトレンドが継続している。下げ理由はリスク許容度の減少から株価、商品相場が大幅に下落していること。その原因は米国の弱い12月雇用統計(改善の遅れ)に始まり、ギリシャ財政赤字問題、中国の金融引き締め、米国の新金融規制法案と盛りだくさんで、世界の景気回復ペースが減速するとの懸案から高リスク資産である株価、商品相場、高金利通貨などへの需要が減退している。豪ドルサポート要因は国内の強い指標(インフレ指数、雇用、小売関連、消費者信頼感)と2月の利上げ観測であるが、これらは年越し前から予想されていたことであった。“今年の豪州経済が3%成長、キャッシュレートは年内に5%前後まで上昇する”と言う青写真ができているだけに、ある程度の好材料ではその影響力も限られるというのが現状であろう。またIMFが今週世界経済見通しを上方修正したが、目先の不安材料払しょくにはあまり役立っていない感じ。更に今週も日銀、南ア、FOMCNZなど各国の金融政策会合が開かれたが、いずれも現状の超低金利据え置きであり、景気回復期待を助長するような出口政策への言及は聞かれず、IMFの世界景気上方修正も空回りした感じだ。ただこのセンチメントの悪化がそのまま世界的な景気の二番底論につながる可能性は少ないと思われる。依然として“景気回復過程における調整局面”という位置づけで良いと思うが、足元は豪ドルももう少し下押しする余地を残している。下値ターゲットは87-88セント、78-79円近辺か?

(向う1週間の予想レンジ:豪ドル米ドル 0.8750-0.9100豪ドル円 78.50-81.50

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

アジア株下洛

12時過ぎのアジア株です。

100129

上海総合指数、ベトナムのVN指数を除いて下がっています。なかでも韓国の韓国総合指数、日経平均株価、台湾の加権指数が大きく下げています。

韓国では、サムスン電子が09年第4四半期決算を発表。純利益は、前年同期の222億ウォンの赤字から3兆500億ウォン(約2400億円)の黒字に転換したものの、市場予想を下回ったため、売られています。

一方、台湾では、昨日09年第4四半期決算を発表し、純利益が前年同期の124億5000万台湾ドルから326億7000万台湾ドルに拡大し、市場予想の316億台湾ドルも上回った台湾セミコンダクタ(TSMC)について、外資系証券が目標株価を引き上げているようです。

摩根大通(JPモルガン)証券は75台湾ドル、德意志(ドイツ)、瑞士信貸(クレディスイス)証券は「買進(BUY)」で78台湾ドル、瑞銀(UBS)証券は「中立」で64.5台湾ドル、匯豐(HSBC)証券も「中立」で65台湾ドルだそうです。高盛(ゴールドマンサックス)証券は「中立」で目標株価を64台湾ドルから63台湾ドルに引き下げています。ちなみに、これを書いている時点での同社の株価は前日比+2%の61.2台湾ドルです。

なお、日本ではアイザワ証券で台湾株の取引ができます。また、楽天証券ではADRで台湾セミコンダクタ株の取引が可能です。

それにしても「買進」って、「BUY」よりも「買いだぞ~!」という感じがしてワクワクしますよね。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

陥りやすいやられパターン:津田

---------メルマガ”Joeの豪ドル道場”より--------

<懺悔の部屋>―過去の失敗から学ぶもの―

(心理面、技術面、チャート分析の3点より)

(その百八十八)陥りやすいやられパターン(技術面)

何度か言ったが私は銀行のディーラー時代から今日のデイトレーダーに至るまで、概して取引量は他のディーラーより多かった。したがって調子のいい時は収益が伸びるが、調子が悪くなっても、自制して取引量を絞るテクニックを持たなかったので(アホなので?)、損がかさんでロスカットリミットをオーバーすることも結構あった。自分のヤラレパターンで一番かつ圧倒的に多いのが、最初のトレードでつまずき、または大玉を食らったり、経済指標が自分の予想と正反対が出たりして最初に大きく負けが先行し、それを取り戻そうとしてドタンバタンと売ったり買ったりの取引を節操無く繰り返し、傷口が大きく広がるパターン。これは先日紹介した“天才ディーラーKさん”の全く正反対を行く愚行である。つまり通常の利食い/損切りにより、たとえ損切りが運悪く付いたとしても、そのやられは単発的であれば致命傷にはならない。というかならないように損切りオーダーを設定する訳だ。しかし負けを取り戻したい一心の“リベンジトレード”は感情の部分が移入している場合が多く、相場を見る目にバイアスがかかるのだ。通常手負いの獣は、弱肉強食の世界にあっては、いい餌食にされるのが関の山。最近年を取って、枯れたというか“リベンジ心”がかなり希薄になってきたことが、かえって自分の一番の欠点を覆い隠してくれているように思える。

ではでは

ジョー

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「ポンド円・ランド円 お昼の注文状況」

Gbpjpy Zarjpy

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「豪ドル円・キウイ円 お昼の注文状況」

Audjpy
Nzdjpy

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「ドル円・ユーロ円 お昼の注文状況」

「お昼の注文状況です。」

今日は師匠が目の疲れでお休みをいただいているため、弟子の氷川丸が代筆いたします。
よろしくおねがいいたします。

Usdjpy Eurjpy

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (1)

2010年1月28日 (木)

Fed Fund Future:水谷

フェッド・ファンド期先物は利上げを織り込みつつあります。

Fedfundjan28_2

10月限は99.525と利回りベースでは0.475%です。現在の政策金利が0.25%利上げされた水準に近づきました。9月に0.25%利上げされる確率が64%から86%に跳ね上がりました。FOMCにホーニング・カンザスシティー連銀総裁が反対票をした行動の波紋は大きいのではと思います。資金供給策の3月末終了、リバースオペ等吸収策の実施、そして金利引き上げのプロセスとなります。個人的には第2四半期後半(6月又は7月)に行われるのではと期待しています。

リスク回避のドル買い、ドル金利上昇のドル買いとドル・ブルトレンドには追い風です。

それでは。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一

過去15年間、勝率が6割超を維持してきた予測方法は、今暫く、ポジションを持たないことを示唆しています。

(この予測方法は、今の状況下で、明日の株価動きを高い確率で予測することができません)。

===========

なお、当然のことですが、このコメントに基づく取引で損失が発生しても、当方は一切の責任を負いません。あくまでも自己責任です。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

2月の利上げを決定づけたQ4CPI:津田

昨日発表された豪州第四四半期CPIは総合CPI(ヘッドライン・インフレーション)が前期比+0.5%(予想+0.4%、前回+1.0%)、前年比+2.1%(予想+2.0%、前回+1.3%)、またRBAが注目するアンダーライイング・インフレーション(刈り込み平均値と加重中央値の平均)も3.4%(前年比、予想3.25%、前回3.5%)といずれも予想値を上回り、2月の利上げを確実視する見方が増えつつある。このアンダーライイング・インフレーションは世界金融危機が勃発する2008年下半期の5%よりは確かにまだ低いが、RBAのインフレターゲットである2-3%を大きく上回っていることは確か。
RBA
は歴史的に経済が弱い状態におけるインフレ状況にはあまり懸念を示さないが、豪州景気の回復基調が鮮明になりつつある中で、インフレ懸念は更に増大する可能性が高い点に注目しているようである。
スワン財務相は「経済成長は依然として弱く、景気が過熱するまでに、それらを吸収する設備稼働の余地はある」と述べた。また豪ドル高と商品相場の軟調が貿易財のインフレ懸念を年前半は弱める働きをする可能性はある。しかし発表されたCPIの内容はインフレ圧力がすでに蓄積しつつあり、今年の年末から来年にかけて上昇圧力が高まると言う見方が強い。
豪州統計局のCPI内訳をみると、第四四半期に大きく価格が上昇しているのは電気・水道代、果物類、健康関連、住宅賃貸料、ビールとなっている。フルーツは16%、電気代は15.7%、水道代14.1%、病院費用6%、賃貸料5.4%などが目立つ。(前期比)
一方ガソリン代は3%下落、また豪ドル高からコンピュータとTVセットは12%以上値を下げた。
また非貿易財である賃貸料、公共料金、休暇・レクレーション費用が上昇しており、最近の雇用状況の改善や好調な小売売上高が景気の回復を鮮明に映し出していると言えよう。
先週発表されたWESTPAC消費者信頼感指数(1月)が+5.6%とジャンプアップしたことからも、昨年10月以降3回の利上げが消費者センチメントをあまり悪化させなかったことが窺えるし、また先ごろ発表されたIMFの“今年の世界景気見通しを上方修正”も今後インフレ率が徐々に上昇していく可能性を示唆している。
RBA
は今年になってからも繰り返し「現在の政策金利3.75%は緊急措置として異常に低い状態」と述べている。もし世界的な危機が去ったのであれば、RBAが金利水準を歴史的中庸レベルと言われる5.00-6.00%に戻すと考えるのが妥当であろう。
歴史的にみても恒常的にインフレが頭痛のタネであった“インフレの番人”RBAにとって、金利水準を低すぎるレベルに長すぎる期間放置しておくことは、インフレを助長し、必要以上の民間借り入れを膨張させる“危険な賭け”となるわけだ。
10
月のRBAの第一回利上げの後でスティーブンスRBA総裁は「利上げが間違っておればまた下げられるが、低金利がインフレを高進させた後では取り返しがつかない」と述べていたのが思い出される。
IMF
の今週の世界経済見通しにおいてIMFは豪州を“他国に先駆けて景気が回復したことによる利上げの先導者”として認定したようである。
注目のRBAの“四半期金融政策報告”は来週の金曜日に発表されるが取り敢えずは来週火曜日のRBA理事会に注目。0.5%利上げがないと思うが、、、、、、

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

今日はお休みさせて頂きます

「今日はお休みさせて頂きます」

久々に目痛がきましたので今日はお休みさせて頂きます

| | コメント (5)

政府高官年俸凍結、一般教書で

「一般教書、政府高官年俸凍結など」

*オバマ大統領がホワイトハウスや政治任用した高官らの年俸水準を凍結する一般教書演説で表明する。2年連続の昇給中止となる。凍結対象は、10万ドル(約890万円)以上の年俸を得ている1000人以上とされる。

オバマ氏は金融機関幹部の巨額の報酬を批判するがホワイトハウス高官も凍結する。

大統領は教書演説で、肥大する連邦赤字の歯止めを狙い、支出抑制などの重要性を強調する。国防、社会保障、医療を除く全分野で、3年間にわたり政府支出の増大を禁止する方針。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドル円、トレンドライン

「ドル円、トレンドライン」

*1月21日-26日のラインを上抜いた

*それはともかく株のチャートとパラレルに動く、株を安定させて人心を乱れさせたくなければ円安

*ボリバン、一目も支えていた

*自民党でも民主党でもなんとか党でも株を上げるのがいい政党

Ws000036 Ws000038 Ws000037

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

上海前、株価ちょい上げ

「上海前、株価ちょい上げ」

*NZを除けば小幅高

*上海オープンすればそれに従う

1月28日 10時    
NZ50X 3185.45 -8.12 -0.25%
豪AORD 4671.8 1.8 0.04%
日経 10319.3 67.22 0.60%
上海総合 まもなく まもなく まもなく
NYダウ先物 10202 9 0.09%

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

動いた通貨ペア

「動いた通貨ペア」

*1%以上動いた通貨ペアなし

*イベントの割には意外と小動き

*強いて言えばポンドが強い(利上げ示唆で)

  1月26日 1月27日 変化率%
ドル円 89.64 89.99 0.35 0.39
ユーロ円 126.13 126.21 0.08 0.06
ポンド円 144.69 145.48 0.79 0.55
カナダ円 84.36 84.53 0.17 0.20
豪ドル円 80.54 80.56 0.02 0.02
NZドル円 63.47 63.52 0.05 0.08
スイス円 85.65 85.64 -0.01 -0.01
ランド円 11.8 11.81 0.01 0.08
  1月26日 1月27日 変化率%
ユーロドル 1.407 1.4021 -0.0049 -0.35
ポンドドル 1.6141 1.6167 0.0026 0.16
ドルスイス 1.0461 1.0498 0.0037 0.35
ドルカナダ 1.0622 1.0639 0.0017 0.16
豪ドルドル 0.8984 0.8951 -0.0033 -0.37
NZドルドル 0.7078 0.7061 -0.0017 -0.24
ドルランド 7.5966 7.6198 0.0232 0.31
         
  1月26日 1月27日 変化率%
ユーロポンド 0.8713 0.867 -0.0043 -0.49
ユーロスイス 1.4721 1.4725 0.0004 0.03
豪ドルNZドル 1.2682 1.2699 0.0017 0.13

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外資系動向、豪NZ株スタート

「外資系動向、豪NZ株スタート」

*外資系寄り前動向=150万株売り越し

*NZ50=3189.95 (-3.62、-0.11%)

*豪AORD=4678.9 (+8.9、+0.19%)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国またも規制ニュース

「中国またも規制ニュース」

北京で来年から不動産税導入か

 中国の規制の報道が流行りとなっている

| | コメント (0)

今日の仲値

「今日の仲値」

*1月28日(木)

 通常のドル不足より小さい、ここまできたなら明日の月末に回すだろう

*月末の輸出は午後パラパラ

*トヨタ、スウェーデンの外債あり(豪、NZ、ランドなど)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

今日の焦点、一般教書、米耐久財受注、中国株、決算、外債」

「今日の焦点、一般教書、米耐久財受注、中国株、決算、外債」

楽しい仲間達のブログ情報 今日は津田さんのオセアニア情報です 

5  NZ中銀政策金利2.5%据置   
   
8   日 12月小売統計 、対内対外証券売買、日銀議事録、豪CB先行指数 
9   参院予算委員会   

11  一般教書、 NZ12月マネーサプライ 
12   中曽根元首相講演、 日銀総裁講演(?明日? )
13   ESRI経済政策フォーラム   
15   野田財務副大臣会見   
16   参院本会議   
17   独1月雇用統計、 政府税調 
18   南ア12月PPI   
19   ユーロ圏1月消費者信頼感指数   
22   米 12月耐久財受注、失業保険 、シカゴ連銀全米活動指数 

引き続きダボス会議   
   
3 米 7年債入札   
   
講演=一般教書、 中曽根元首相講演、  野田財務副大臣会見
外貨投資= トヨタNZドル、スウェーデン輸出銀行ランド、豪ドル、NZ 
決算=日清食品、新日鉄、エルピーダ、コマツ、コニカミノルタ、コマツ、資生堂、住信 
  京セラ、プロミス、マイクロソフト、P&G、アマゾン、ATT、コダック、ロッキード、モトローラ、ワーナー、ノキア

 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ポンド円、ランド円、朝市」

「ポンド円、ランド円、朝市」

Ws000034
Ws000035

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「豪ドル円、NZドル円、朝市」

「豪ドル円、NZドル円、朝市」

Ws000032 Ws000033

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドル円、ユーロ円、朝市」

「ドル円、ユーロ円、朝市」

Ws000030 Ws000031

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先ずは数字、産み(引き締め)の苦しみ

「先ずは数字、産み(引き締め)の苦しみ」

*米株=中国引き締め観測の重しあるも、FOMCで景気判断が引き上げられ上昇

*中国株=引き締め観測で上海総合は3カ月ぶりに3000割れ

*米債券=FOMCでカンザスシティ連銀総裁が据置に反対したことで売られ利回り上昇

*原油=在庫減少で一時上げるもリスク選好後退の流れ変らず下げる

*貴金属=中国の引き締め観測でリスク選好後退で下げる

*穀物=南米豊作観測などで続落

  1月26日 1月27日
原油 74.71 73.67 -1.04 -1.39
1098.30 1084.50 -13.80 -1.26
CRB 273.88 268.76 -5.12 -1.87
ドルINDEX 78.51 78.72 0.21 0.27
コーン 362.25 358.25 -4.00 -1.10
大豆 947.50 929.00 -18.50 -1.95
16.82 16.62 -0.20 -1.19
パラジウム 422.00 412.00 -10.00 -2.37
プラチナ 1530.00 1500.00 -30.00 -1.96
         
JGB 1.32 1.31 -0.02 -1.14
         
米10年債金利 3.63 3.65 0.03 0.80
米30年債金利 4.56 4.57 0.01 0.18
米株個別        
フォード 11.19 11.55 0.36 3.22
グーグル 542.42 542.10 -0.32 -0.06
シティ 3.15 3.20 0.05 1.59
VISA 81.15 83.91 2.76 3.40
ボーイング 57.71 61.93 4.22 7.31
NYDJ 10194.29 10236.16 41.87 0.41
ナスダック 2203.73 2221.41 17.68 0.80
上海総合 3019.39 2986.61 -32.78 -1.09
FTSE 5276.85 5271.47 -5.38 -0.10
DAX 5668.93 5643.20 -25.73 -0.45
日経 10325.28 10252.08 -73.20 -0.71

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京&東京、加藤千洋、朝日新聞社

「北京&東京」加藤千洋、朝日新聞社

*おびただしい数の中国に関する本がある。八重洲ブックセンターには軽く1000冊を超える中国関連書があるのでは。アフリカや豪、NZはそれぞれ10冊、20冊程度しかないのと比べると中国専門家は多いようだ。

*バラ色のシナリオから明日にも沈没してしまうかのような本まであり、カバーも赤や黄と刺激的なものばかりだ。

*著者はTV朝日のニュースステーションの解説者としても有名だが、北京に駐在地位した特派員として激動の政治と躍動する経済について肩のこらない内容で伝えてくれている。

「フートン」という以前紹介した本とともに街の様子が浮かぶ上がってくるような描写もある。

*私はこの加藤氏と中国の金融を詳説した大久保勲氏の書は全部読むようにしている。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランド、ズマさん、景気回復と治安に自信=WCUPサッカー 

「ランド、ズマさん、景気回復と治安に自信=WCUPサッカー 」

Ws000028

*ズマ大統領景気回復の兆し 、W-CUP治安に自信

*CPI予想通りだがまたインフレターゲット上限超える

金利は予想通り据置。意外だったのはエコノミストの予想同様に利下げの委員もいたこと

*南ア現地紙では貧富の差を憂える。労働者はまだリッセションのさなかにありと。

*株価は久々に上昇、26815(+163)

(テク)

*月足は半年以上12.0挟みで推移。

*日足では1月21日-22日の下降ラインを上抜けてから下げ基調へで再び下降ラインへえ向っている

*5日線は1月11日に下降へ

*一目の雲の上限を下に切ってボリバン下限で推移

*ドルランド7.62、まだ底堅い。ドルランド切りあがり雲の中へ

(注文)

*売りは11.80から小から中、大は12.0から

*買いは11.70から大

*損切りの売りは11.45で中

(予定)

27(水)南アCPI

28(木)南アPPI

29(金)南ア貿易収支

Ws000029

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

NZ円、まもなく金利決定

「NZ円、まもなく金利決定」

Ws000026

*金利決定まもなく(据え置き予想、次回3月利上げの少数派あり)、29日にはボラード中銀総裁講演あり

(テク)

*日足では12月9日-18日の上昇ラインを下抜いて3連続陰線から上げかけたが中国から冷水浴びせられ、雲の下、ボリバン下限に

*1月20日ー21日の下降ラインを上抜いて推移

*5日線は1月12日に下向き

*今日のボリバン下限gンは62.76

(材料)

*CPI低下で下落したが小売売上、消費者信頼感指数が好調

*雇用調査改善、カードローン増加、商品価格上昇、住宅販売、価格もまずまず

*キー首相はマニフェストの減税を実施する見込み

*また2025年までに豪経済に追いつくプロジェクトも2月に公開する

(注文)

*売りはない

*買いが62.80から程度

*損切りなし

(予定)

28(木)NZ中銀政策金利

29(金)ボラードNZ中銀総裁講演、NZ貿易収支、住宅建設許可

Ws000027

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪ドル円、指標好調なるも、中国引き締めで下落継続

「豪ドル円、指標好調なるも、中国引き締めで下落継続」

Ws000024

(材料)

*今月はまさに素晴らしい指標が続いて12月には一旦後退した利上げ機運が盛り上がってきた。本日のPPIは予想より低下した、金利に敏感なCPIはほぼ予想通り。2月利上げ見通しは変わらないだろう

*これだけ経済指標が強い国で通貨が下落すればさらに企業は高収益を上げる

*相場は中国引き締め観測でリスク選好後退で豪ドル続落

(テク)

*日足は12月28日-29日の上昇ラインを下抜いて一目の雲の上限で一旦踏みとどまるも再度下落し始め雲の下

*1月21日ー22日の下降ラインは上抜く

*5日線は13日下降に転じた

*ボリバンでは下限は79.30

(注文)

*売りは少ない

買いは79.90以下に大が続く、

*ただ買いの同レベルに損切りの売りが同居

(予定)

2月2日 政策金利決定

Ws000025

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ポンド、円とともに異質

「ポンド、円とともに異質」

Ws000022

(材料)

ドル高のなかポンド高、さすが日英同盟。

*センタンス英中銀委員はポンド安がインフレを起こす可能性があるならば、政策を変更する必要があると発言。これでポンド上昇、ユーロに対しても強い。

*もともと英国はユーロ圏よりインフレ懸念が強い

*GDPプラスだが不冴え、プラスだったこと喜ばないと

*ダ-リング財務相が景気刺激策継続を主張

12月CPI前年比+2.9%でインフレは懸念されている

*ポンド売られるも通貨安効果も出てくるだろう

*ただ大きな流れは中国のムチが効いている(リスク回避)

(テク)

*一目の雲の下へ出てセンタンスで雲の下限に接す

*ボリバン下限は144.32

*月足は昨年後半から140-150で安定

*現在は21日ー22日の下降ラインを一旦上抜いてまたそのラインに引き寄せられる

(注文)

*売りは146中心にパラパラ。

*買いは144以下

*損切りは小さいが144.40に売り

Ws000023

(予定)

29(金)英GFK消費者信頼感調査

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

2010年1月27日 (水)

ユーロ円、ギリシア債利回り上昇

「ユーロ円、ギリシア債利回り上昇」

Ws000020

(材料)

*ギリシア債6.25%で昨日は6.22%だったので利回り上昇。中国に買ってもらう話は影響していない

*ユンケル議長のギリシアの破たんリスクない、ウェーバー独連銀総裁の景気はゆっくり回復しているはユーロドルの戻しには大きく影響せず

*金融政策を左右するCPIを週後半ユーロと独が発表、独IFOもあり

(テク)

*ユーロ円、ユーロドルともにボリバン下限を再び割りこむ。株下げで通貨が安くなるユーロはわかりやすい

*日足では1月11日、14日と上ヒゲで売り圧力を示しその後続落。一目の雲の下へ、まだ反発の兆しとなるローソク足が出ていない

*11月27日-12月18日の上昇ラインとは128.50あたりでぶつかったがそれを下抜いた 

*5日線は1月13日に反転下落のまま

*1月14日ー20日の下降ラインとそれを下方平行移動したバンドを想定したい。そこから抜ける時につきたい

(注文)

*売りは126.50が大

*買いは125前半から、損切りの売りも結構入っている

Ws000021

(予定)

27(水)仏 消費者信頼感指数、独CPIダボス会議

28(木)独 雇用統計、ユーロ圏消費者信頼感指数

29(金)ユーロ圏マネーサプライ、CPI失業率スイスKOF先行指数

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドル円、日銀楽観庶民悲観

ドル円、日銀楽観庶民悲観」

Ws000018

(テク)

日足ではボリバン下限&雲上限に接す。ここまで行儀よくボリバンを外さない。

*新築住宅販売待ち

*5日線は1月8日からまだ下向いたままである

*12月9日-18日の上昇ラインを下に切っての下落中。

*1月8日-14日の下降ラインが基本。一旦上抜いてまたこのラインへトライ中。89円前半、一目の雲の上限がポイント。

*一目均衡表の雲の上限は88.50.

(材料)

*FOMC、あまり変ったことは言わないだろう。バ議長再任投票前だし。アプルの新製品発表が景気づけるか

*日銀は景気持ち直し、S&Pは格付見通し引き下げ

*いろいろだが、中国本位制なので中国引き締め観測はリスク後退で円高ドル安

 円にいいことはないが、そんなことは株が3万8900円から7000円に落ちても超円高になる通貨だから仕方はない。

*首相も誰に言わされたのかすぐさま円高に手を打たないという=自分の意見ではない感じ。

*菅財務大臣も95円発言を無知の知性派もどきに批判されて為替を語らない。M国家日本だから仕方がない

*また失われた数年が続く。

*米国は主要企業の決算もまあまあからマチマチ

*米国4QGDPは前期比年率予想4.8%予想と悪くない

*一般教書もある。オバマ大統領は経費削減宣言をするようだ

*日銀楽観、庶民悲観 

*中国は輸出入とも日本の最大相手国、民主党は日本の内需は中国と言っていた。世界はひとつ。世界中が全部内需だ。

(注文)

*下がったがまだ損切り売り買い拮抗

*普通の売りは89後半

*普通の買いは89前半、つまらないコメント。

Ws000019

(予定)

27(水)日 貿易統計、金融経済月報、I、一般教書、米 失業保険、新築住宅販売、FOMC、ダボス会議

28(木)日 小売統計、対内対外証券売買、米 耐久財受注、シカゴ連銀全米活動指数

29(金)日 雇用統計、家計調査、CPI、鉱工業生産、自動車生産、住宅着工、建設

受注、日銀議事要旨、介入状況、、米 4QGDP、個人消費、シカゴPMI、ミシガン大消費者信頼感指数

(講演など)

27(水)一般教書、ダボス会議
28(木)
29(金)ボラードNZ中銀総裁、日銀総裁、コーンFRB議長

(外貨投資)

 
27(水)米5年債
28(木)米7年債
29(金)ITCインベストメント・パートナーズ 日興新時代アジア株式ファンド 、21世紀AM チャイナ・ニュー・トレンド・ファンド21「愛称:竜驤虎視」、大和証券投資信託委託 ダイワ 印伯中・国家基盤関連株ファンド 国際株式型

(決算)

27(水)ヤフー(日本)、マネックス、キャノン、ボーイング、キャタピラー、クアルコム、サンマイクロシステム、シマンテック、ユナイテッドテクノロジー
28(木)オムロン、コニカミノルタ、プロミス、京セラ、資生堂、コマツ、新日鉄、日清食品、NEC、日本電産、任天堂、P&G、At&T、3M、マイクロソフト、アマゾン、モトローラ、ロッキード、ノキア
29(金)NTTドコモ、東芝、富士フィルム、富士通、みずほ、ヤクルト、ヤマト、リコー、りそな、三菱商事、JR東日本、JR東海、商船三井、ANA、大和証券、東京ガス、東京電力、関西電力、ハネウェル、マテル、シェブロン

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FOMCの前にアップル新製品発表があるんですね

「FOMCの前にアップル新製品発表があるんですね」

午前3時にアップルが新製品発表するんですね。

このへんが米国の強さであり若さですか。

アップルのタブレット型コンピューターの全容がいよいよ明らかになるとの期待が高まっているとか記事が出ています。

私には何のことかわかりませんが、米国は進取の精神がありますね

アップルーFOMCーNZ金利と続きますね 。為替はエンドレスですね。適当に寝てください。私は慢性過眠症なのですぐ眠ります。

なんかツイッターを始めてからブログもツイッター風になってきた。

  

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、NY需給」

「ポンド円、ランド円、NY需給」

Ws000016 Ws000017

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

Ws000014

Ws000015

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドル円、ユーロ円、NY需給

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

Ws000012 Ws000013

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

夜はこれから

「夜はこれから」

*夜は長い、午前4時すぎにFOMC、午前5時にNZ中銀政策金利

* ともに据置予想。FOMCもサプライズはないだろうが、バーナンキ議長再任問題もあっただけに慎重に、臆病になるかもしれない

*NZも据置予想、少数派が3月の利上げを予想している

*オバマ大統領一般教書では3年間での3兆円の経費削減を打ち出すのだろうか。金融機関の規制強化は予算教書に譲るのだろうか

他に12月新築住宅販売、予想は36.6万件

*今日は上海株は昨日ほどの下げはなかった。他の商品、金利市場も落ち着いていたt

ダボス会議
 
21   米 住宅ローン借り換え
24   米 12月新築住宅販売

一般教書
ガイトナー長官議会証言(AIG問題)、石油在庫統計
ブラジル中銀金利決定
3   米 5年債
4   FOMC
5   NZ中銀金利決定

 
講演=ダボス会議、ガイトナー長官議会証言
  決算= キャノン、ヤフー、日立建機、NECエレ、SBI、マネックス、キャタピラー、コノコ、ボーイング、ユナイテッドテク、クアルコム、サンマイクロ、シマンテック

+++++今日の出来事+++++++

8   日 12月&09年貿易統計、WESTPAC先行指数
9   豪 4QCPI、参院予算員会
 
14  日銀金融経済月報
16  仏 1月消費者信頼感指数
18  南ア 12月CPI
19   独 1月CPI

外貨投資=ウェストパックサムライ債、大和豪ドル、NZ債
決算= キャノン、ヤフー、日立建機、NECエレ、SBI、マネックス

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

為替悠々40、あるべき為替論

「為替悠々40、あるべき為替論」

 バブル時に10年後の日本を見通せたとして為替で円買いが出来たであろうか。

ドルは大きくいつ上げるのだろうか。プラザ合意以降ドルの大幅上昇は3回あった。

1回目は89,90年の120円から160円、2回目は95年の80円から140円であろう。3回目は2000年、2001年の100円から130円であろう。

景気は1回目はバブル時代で強く、3回目は金融危機等で弱かった。要は景気よりやはり需給が変わらないと相場は動かないようだ。ドル売りの材料は経常黒字である。これを相殺するドル買い要因が出ないと相場は上昇しない。

バブル時はご存知の通り、生保中心に海外のものは土地、ビル、映画会社、絵画でも何でも買ってしまったことで貿易黒字が急減してドルは強くなった。金融危機などで景気が悪くなれば、ジャパンプレミアムでドルを借り入れることが出来なくなりやむを得ずスポットでドルを買い上昇した。景気の良し悪しより外貨需給が変わらないとドル相場の上昇はない。95年のドル急騰は介入と資本筋への外国投資規制緩和であった。

 円買いである貿易黒字と所得黒字の大きな流れは変わりにくい。介入も一手であるが今年(2003年)は巨額であるが外国人の株買いもありまだ足りないのである。 対外への資金還流か輸入増大がなければ相場は上昇しないがその手は打たれていない。

| | コメント (0)

為替悠々39、素直な株、金利、くせもの為替

「為替悠々39、素直な株、金利、くせもの為替」

日本の第二四半期GDPが予想より悪化し円が金曜日の東京時間で売られた。

日本の景気が悪いと円が売られてきたのだろうかとバブル以降を振り返ると160円から79円75銭を経て現在110円と概ね円高推移だ。

一方景気低迷で株は売られ3万円から1万円割れとなり、金利は6%からゼロまで低下した。為替は景気が悪いと買われてきていた。 一方バブル景気へ向かった1987年から1990年は円は120円から160円へ円安となった。「景気が悪い、即円安」、あるいは「景気が良い、即円高」と予測することはいかにも無難なものだが事実はそうではなかった。

景気が良いと可処分所得が増えて資金は海外へ向かう。悪いと国内需要が落ち込み輸出ドライブをかけたり、輸入減少で貿易不均衡が拡がり円高となる。

景気が悪いと資金が海外流出して自国通貨安となるのが一般的だが日本はどうやらそうではなさそうだ。もともと流出するほど海外資金が流入していないからか、今のところ財政が悪化しても国民預金、貯金がまかなっているので 資金流出は起きず円安ともならない。

しかし「景気低迷で円高」というと為替市場では相手にされなくなる。ただし儲かる。素直な人は株、金利で投機を、ひねくれた人には為替投機が似合う。(ただし素直な人は為替マージン取引のスワップ金利狙いが似合う)

| | コメント (0)

原口大臣のインド推奨、竹中大臣と比較

「原口大臣のインド推奨、竹中大臣と比較」

*原口大臣はインド投資を推奨しているようだ

*120兆円の年金基金にインド投資をすべきだと発言したり、今日は国会で上海には日本人が13万人いるのにインドには5000人しかいない、もっと投資すべきと発言していた

*何か良い投資商品があれば教えてほしい

*竹中大臣は日経平均が7600円の時にETFを買えと発言した物議をかもして謝罪した。しかし日経平均はその後1万8千円まで上昇した。

*少し政治家も色をつけて話してもいいと思う。

*ただやはり日本人は華僑や華人と比べ国際的ではない。資源の宝庫南アフリカには日本人1300人に対し、今年頂いた現地の年賀状には中国の方は30万から40万いるという

*華人パワーはすさまじい。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンド円、ランド円、夕暮れ需給

「ポンド円、ランド円、夕暮れ需給」

Ws000010 Ws000011

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

Ws000008 Ws000009

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給」

「ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給」

Ws000006 Ws000007

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

究極の民主党の内需拡大法、これなら成功する

「究極の民主党の内需拡大法、これなら成功する」

*今日の国会で直嶋大臣だったか「内需拡大についてはアジアは一つだと考えてアジアの内需で日本も成長する」とか言っていた。

*マニフェスト合格だ

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

中国関連報道の重要性が増している!:水谷

今年に入ってから、中国発のニュースに金融市場が反応しており、益々重要性が高まっているようです。今週の金融引き締めの姿勢観測、確か2週間前の中国金融当局者の発言などです。私は中国情報には詳しくはありません。しかし、金融界に身に置くものとしてはその必要性を感じる毎日です。

過去に私は中国に旅行された方、そして台湾に逃げてきた現在の台湾の人から、共産党政権の持つ怖さを感じ、この場で紹介したいと思います。新中国派の方にはちょっと違和感を感じるかもしれませんが、聞き流してほしいものです。

私には30年ほどの付き合いのあるドイツ人の陶芸家の友人がいます。彼は30年ほど前にまだ自由に中国を旅行できない時代に、あるツアーに参加しました。全員白人旅行者のグループであったそうです。そしてある日、上海郊外に出かけるツアーに参加しました。そして添乗員に断らないで、ある小学校を見学しました。コース外の見学であり、恐らく一言断って見学したら、見学は許されなかったと想像できます。中の授業を見ようと教室をこっそりと見たら、その異常な光景にびっくりしたそうです。当時は4人組追放の時代でした。紅青女史など4人組のわら人形を教室の前方に並べ、それに対して「この人たちは悪い人です。社会から排除しないといけない。」との意味ではないかとのプロパガンダで徹底的に否定している光景です。そして実際に槍などで突いているのです。悪が出るとそれを徹底的に否定するのが共産党政治ではないかと思います。弱い社会の側面を見せることは共産党社会では許されないのではと思います。徹底的に否定して、その芽を摘むのではと考えられます。そしてその当時そのような教育を受け、当時小学生であった人々は現在社会の中核にあると考えられます。幼少の時にその時代には否定的な人物を徹底的に抹殺する教育は現在の突然の政治、経済の変更を何の前触れもなく発表する中国の体質に共通する面があるのではと思います。不動産バブルが発生してこれは悪だと判断が下されれば、有無を言わさず政策を発表すると言う。民意を聞くという民主主義が通用しなく、上からの指示で行われると思います。

台湾に逃れた老夫婦からは、中国共産党の権力の集中、そして共産党員の恵まれた生活、そして日本の政界、経済界への工作の実態を聞かされびっくりしました。余り多くのことを語るとネット上からのサイバー攻撃を恐れます。中国側に有利に働くと考えれば、何でも実行すると言うのが中国の立場のようです。例えば、日本の企業が何か話しを持ちかけ、将来それは中国に有利に働くと思えば、何でも工作する。例えば、中国側に挨拶に行ったとして、ある日本人の会社社長がお土産を頂いたとします。そしてその中身を確認せず、空港の税関を通過します。中国側は税関と通じでおり、その中身を事前に把握しています。中身がかなり怪しいお土産を指摘され、それが日本側の弱みとなります。日本人はそれをお土産として友好の印として正直に受け取ってしまいます。それは将来その会社が発展し、そして中国進出となれば、決定的な弱みとして将来中国側に活きて来ます。政治の社会でも同様と説明されました。中国側は日本の若い将来有望な政治家は、宿泊先のホテルで思わぬ接待を提供することになるのです。現在の自民党総裁も昔その接待をお受けになったようであり、もしも自民党政権に舞い戻ったならば、中国側は弱みを握っており、ほくそ笑むことになりそうです。共産党政権は個人の弱みを握れば、その点を徹底的に突いてくる。そしてそれを交渉事に有利に働くと判断すれば徹底的に利用するという姿勢ではないかと思います。

このような国が世界第2位の経済大国になることには、本当に脅威論ではないかと思います。上記体質が端々に政治・経済の発表に出ていると思います。グーグルの中国撤退は、このような中国の体質の理解がアメリカ側に根底にあるのではないかと思えてならない。私はまだまだ中国とは距離を置いて関係を持つ立場を維持したいと考えています。

| | コメント (0)

世界債券コレクション

「世界債券コレクション」

私もジャンク債コレクターであるが中国もそうだ。

FTによればギリシャが政府債の購入を最大3兆円強、中国に要請したそうだ。

(ユーロ建て)  米ゴールドマン・サックス・グループが中国への販売を手掛けている。中国側は今のところ、購入には合意していないという。

いや神の国ギリシアをジャンク債というと罰が当たる。すいません。

でもゴールドマンまた儲けていますね

でも中国は米国債、ユーロ債を保有。またアフリカ、中南米、中東など債券、債権だらけでまさに世界債券、債権コレクター。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一

予測不可能)************************

過去15年間、勝率が6割超を維持してきた予測方法は、今暫く、ポジションを持たないことを示唆しています。

(この予測方法は、今の状況下で、明日の株価動きを高い確率で予測することができません)。

===========

なお、当然のことですが、このコメントに基づく取引で損失が発生しても、当方は一切の責任を負いません。あくまでも自己責任です。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

バーナンキ議長、上院の再任支持表明拡大

「バーナンキ議長、上院の再任支持表明拡大」

ジャド・グレッグ上院議員は記者団に対し、「バーナンキ議長は再任が認められる票を
確保している」と指摘。

リード上院院内総務によると、議長再任承認の採決は28日か29日に実施されるもようだ。

  

| | コメント (0)

一応日銀月報です

「一応日銀月報です」

景気は持ち直しているようです(日本橋と神田でしょうか)

○景気は内外の各種対策の効果から持ち直しているー据え置き○景気は国内民間需要の自律的回復力はなお弱いー据え置き○先行きも持ち直し続けるが当面そのペースは緩やかー据え置き○住宅投資『下げ止まりの動き』。

セントラル短資FX

| | コメント (0)

格付けと為替相場の関係

「格付けと為替相場の関係」

*S&Pは2001年2月から2002年4月にかけて、日本国債の格付けを最高ランクの「AAA」から「AAマイナス」に段階的に引き下げた。景気対策のための財政出動で国債の発行残高が拡大。日本経済に回復の兆しが見えなかったことが格下げの理由とされた。07年4月に、構造改革が進んでいるとして「AA」に戻した。

 その頃の為替相場(月足)は以下の通り

*2001年2月は小動きであったが3月はドル円は113円へ上昇、その後も2002年にかけて135円をつけた。介入もあったし、変則口先介入もあった。

*2002年なってからは格下げをしても効かなかった

*小泉内閣で格上げされた時、2007年4月は円安に触れたが2007年後半は円高となった

Ws000004_2

Ws000005

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日銀総裁国会登場

日銀総裁国会登場

| | コメント (0)

ツイッターからこんなメッセージがきます

「ツイッターからこんなメッセージがきます」

*それから興味があれば本文を読めばいいという感じですTrend Info 、朝は中国関連もあったようです

  1. BBC World News bbcworld Sri Lanka's President Rajapaksa is ahead according to early results of the first presidential election since t.. http://bit.ly/bwZHy8
  2. Wall Street Journal WSJ Tomorrow: Davos day one, AIG hearings, Apple tablet, Fed meeting, and State of the Union. You can get it all on http://wsj.com

| | コメント (0)

ドル円続報

「ドル円続報」

ちょっと89.0に損切りの売り

Ws000003

| | コメント (0)

リパトリか野村か

「リパトリか野村か」

*2,3月のリパトリの円買いは収益があがらなかった昨年よりは、景気回復の兆しがあるので幾分かは出てくるだろう

*対抗馬は野村である。昨年1月からハイイールド外貨投信で円売りを誘った野村証券は2月の新エマージング債券投信(2月24日)を販売する。通貨はドル、人民元、豪ドル、レアル、ルピアなど

*詳しくはhttp://www.nomura.co.jp/

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また中国融資規制の話が蒸し返されていうようです

また中国融資規制の話が蒸し返されていうようです

ソースはTIMES、貸し過ぎた部分を元に戻せという内容です

| | コメント (0)

総額一千万円プレゼント、セントラル短資FX新春キャンペーン

「総額一千万円プレゼント、セントラル短資FX新春キャンペーン」

http://www.central-tanshifx.com/campaign/trade-1001/

*チャンス① 抽選でお一人様1万円キャッシュバック

*チャンス②1回の注文で1本取引(100万通貨)するたびに1000円キャッシュバック(上限なし)

参加には申し込みが必要。詳しくはhttp://www.central-tanshifx.com/campaign/trade-1001/

*1月4日から3月31日まで

Ws000000

Ws000001 Ws000002

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、ランチタイム」

「ポンド円、ランド円、ランチタイム」

Ws000059

Ws000060

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「豪ドル円、NZドル円、ランチタイム」

「豪ドル円、NZドル円、ランチタイム」

Ws000057

Ws000058

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドル円、ユーロ円、ランチタイム」

「ドル円、ユーロ円、ランチタイム」

Ws000055

Ws000056

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

セミナー

久しぶりにセミナーへ参加してきます。

私のいけないところなんですけど、

CFDセミナーに参加して、少しわかってきたら

勉強しなくなってしまって・・・

これは、成長しないタイプですね。

先日も書いたんですけど・・

いろいろと新しい商品でてますよね。

HIGH-LOWもその一つですが、

 人気があるかないかも、

 人気が出るか出ないかもわからないし、

 取引するメリットあるかもわからないですよね。

自分でしないと気が済まないので聞いてきます。

楽しみにしてください。( ̄ー ̄)ニヤリ

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

やはり中国本位制

「やはり中国本位制」

*先ほども書いたが昨日もアップルの好決算、日本国債格付け見通し引き下げも中国株が下がればリスク選好後退で円買いドル買い

*今朝もせっかくヤフーの好決算、韓国北朝鮮銃撃線もあったが中国株が下がり始め

またリスク後退へ

上海総合は3000割れの2995(-24、-0.8%)でもちょっと戻している

ちょっと中華街でも行ってきます

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そごう日銀、西武日銀

そごう日銀、西武日銀」

銀座の西武が閉店となる。日本の一等地にありながら閉店に追い込まれるのが現在の日本を表しているかもしれない。昨日、日銀は景気見通しを上方修正した。西武と日銀の二つの報道で2000年のことを思い出した。20007月に有楽町そごうの破たんがありながら日銀はゼロ金利を解除した。政府の反対があったが日銀は金融緩和を解除した。結果は景気が再び悪化して日銀はまもなくゼロ金利に戻すこととなった。

 今回の日銀総裁の会見からも政府や世間一般の景気認識をより日銀は楽観的に見える。また自らCPIがマイナスの伸びの見通しを示したにもかかわらず追加金融緩和策をとることはなかった。まさに具体的な西武閉店という事象がありながら楽観的になっていることは理解できないが、日銀が楽観的となり、その後景気が悪化してあわてて金融緩和策をとることは何度もあった。三重野総裁が株価急落にもかかわらず利上げをしたこと、福井総裁の金融引き締めでサブプライム問題で苦境に陥った米株よりに日本株が下落したこともあった。三度あることは四度あるのだろう。

| | コメント (0)

先ほどの韓国報道で20銭 ドル高

先ほどの韓国報道で20銭 ドル高

90.40から90.65へ

| | コメント (0)

韓国報道

韓国が応戦、北朝鮮による海上境界線付近での砲撃後。

セントラル短資さん

| | コメント (0)

ダウ先物、昨日と同じスタート

「ダウ先物、昨日と同じスタート」

*昨日の朝もダウ先物はアップル好決算を受け小幅高

*今朝もヤフー好決算で小幅高

*昨日はここから中国金融引きしめ観測でドンデン返しとなった

*まもなく上海スタート、乞うご期待

*世界はいよいよ10%成長の中国本位制となってきている

*中国のアメとムチで世界が動く

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪ドル金利まとめ、南十字星より

「豪ドル金利まとめ、南十字星より」

++以下は昨日発行の南十字星(豪ドル編)リポートです+++

今朝はほぼ予想通りのCPIでしたが昨日の内容通りで良いと思っています

「 重要指標の雇用統計も大きく改善し他の新築住宅販売、住宅建設許可、小売売上、AIG建設業指数、ANZ求人広告なども強かった。 (今朝の先行指数も強かった)中銀だけでなくスワン財務相も「豪の失業率は他の主要先進国より低い」「財政刺激策を今後は引き上げていく」などと強気の発言をしている。

 しかしながら豪ドルドルは月半ばから下落し一旦一目均衡表の雲の下に下落した。豪ドル円はかろうじて雲の上で踏みとどまった。この間の推移は豪の内部要因ではなく、オバマ大統領による金融機関への規制強化と中国の金融引き締めでリスク選好=資源国通貨買い=が後退していることによるものだ。ギリシア債務問題も影を落とした。

 ただ豪経済に大きく影響する中国経済は強い。中国4QGDPは前年比10.7%となった。景気過熱への調整の引き締め策でもあり事態が悪化したことではない。
 
 (今後の見通し) I

昨日発表された4QPPIは予想の前年比-0.9%より低い-1.5%となった。ただ多くのエコノミストは2月2日の利上げを予想している。4QPPIの低下は原油と電気製品の価格低下によるものだ。また強い豪ドルが輸入価格を5.2%押し下げた。国内価格は0.3%の上昇であった。

4QPPIの低下は1998年の統計開始以来の最大の下げ幅であった。住宅価格の上昇を飲み込んでしまった。PPIの低下は27日のCPI低下にどれほど影響するかが注目される。上記のように雇用を含め他の経済指標が強いだけにCPIが余程の低下を見せない限りRBAが利上げする予想が強い。

 また豪ドル相場は外部要因にて大きく影響される。中国の需要に大きく依存している豪経済は最近の中国の金融引き締め観測に対しても敏感である。また米国オバマ政権が金機機関への規制強化を打ち出しそれが金融機関の収益圧迫する思惑で株価が下落し、それに連れ資源価格も下落し豪ドル相場に反映している。いつもながら世界の市場での資源価格の動き株価の動きを見ながらの展開となる。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外資系動向、豪NZ株スタート

「外資系動向、豪NZ株スタート」

*外資系寄り前動向=310万株売り越し

*NZ50=3207.26 (-1.8、-0.06%)

*豪AORD=4693.2 (-49.9、-1.16%)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の仲値

「今日の仲値」

*1月27日(水)通常のドル不足、2億ドル程度、昨日同様後場に輸出散発

*スポット応答日が月末なので仲値以外の外貨送金もあり

*ウェストパックサムライ債、大和証券豪ドル、NZ債あり

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の焦点、FOMC、一般教書、ダボス、NZ金利など

「今日の焦点、FOMC、一般教書、ダボス、NZ金利など」

楽しい仲間達のブログ情報=今日は水谷さんの金利&欧州情報です

ダボス会議
 
8  日 12月&09年貿易統計、WESTPAC先行指数
9   豪 4QCPI、参院予算員会
 
14   日銀金融経済月報
16   仏 1月消費者信頼感指数
18   南ア 12月CPI
19   独 1月CPI
21  米 住宅ローン借り換え
24   米 12月新築住宅販売

一般教書
ガイトナー長官議会証言(AIG問題)、石油在庫統計
ブラジル中銀金利決定
3   米 5年債
4   FOMC
5   NZ中銀金利決定
 
講演=ダボス会議、ガイトナー長官議会証言
外貨投資=ウェストパックサムライ債、大和豪ドル、NZ債
決算= キャノン、ヤフー、日立建機、NECエレ、SBI、マネックス、キャtピラー、コノコ、ボーイング、ユナイテッドテク、クアルコム、サンマイクロ、シマンテック

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動いた通貨、格下げでも円高

「動いた通貨、格下げでも円高、中国でリスク選好後退」

  1月25日 1月26日 変化率%
ドル円 90.27 89.64 -0.63 -0.70
ユーロ円 127.71 126.13 -1.58 -1.24
ポンド円 146.59 144.69 -1.9 -1.30
カナダ円 85.32 84.36 -0.96 -1.13
豪ドル円 81.59 80.54 -1.05 -1.29
NZドル円 64.42 63.47 -0.95 -1.47
スイス円 86.8 85.65 -1.15 -1.32
ランド円 11.89 11.8 -0.09 -0.76
  1月25日 1月26日 変化率%
ユーロドル 1.415 1.407 -0.008 -0.57
ポンドドル 1.6241 1.6141 -0.01 -0.62
ドルスイス 1.0394 1.0461 0.0067 0.64
ドルカナダ 1.0574 1.0622 0.0048 0.45
豪ドルドル 0.904 0.8984 -0.0056 -0.62
NZドルドル 0.7131 0.7078 -0.0053 -0.74
ドルランド 7.592 7.5966 0.0046 0.06
         
  1月25日 1月26日 変化率%
ユーロポンド 0.871 0.8713 0.0003 0.03
ユーロスイス 1.471 1.4721 0.0011 0.07

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ポンド円、ランド円、朝市」

「ポンド円、ランド円、朝市」

Ws000053

Ws000054

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「豪ドル円、NZドル円、朝市」

「豪ドル円、NZドル円、朝市」

Ws000051

Ws000052

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドル円、ユーロ円、朝市」

「ドル円、ユーロ円、朝市」

Ws000049 Ws000050

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先ずは数字、中国次第

「先ずは数字、中国次第」

*米株=主要企業業績はマチマチ。中国金融引き締め観測も重しに小幅下げる

*中国株=金融引き締め観測で売られる

*米債券=オバマ大統領の政府支出削減、株価の下落で買われ利回り低下

*原油=中国金融引き締め観測からリスク選好の後退で売られる

*貴金属=中国金融引き締め観測からリスク選好の後退で売られるが金は買い戻しが入り小幅高、工業資源の白金、パラジウムは小幅安

*穀物=大豆は南米豊作で売られるも値ごろ感で買い戻し入る。コーンは下落のまま終える

  1月25日 1月26日
原油 75.26 74.71 -0.55 -0.73
1095.70 1098.30 2.60 0.24
CRB 276.74 273.88 -2.86 -1.03
ドルINDEX 78.20 78.51 0.31 0.40
コーン 367.75 362.25 -5.50 -1.50
大豆 940.50 947.50 7.00 0.74
17.15 16.82 -0.33 -1.92
パラジウム 438.00 422.00 -16.00 -3.65
プラチナ 1547.00 1530.00 -17.00 -1.10
         
JGB 1.34 1.32 -0.01 -1.12
         
米10年債金利 3.63 3.63 -0.01 -0.19
米30年債金利 4.55 4.56 0.01 0.18
米株個別        
フォード 11.03 11.19 0.16 1.45
グーグル 550.01 542.42 -7.59 -1.38
シティ 3.25 3.15 -0.10 -3.08
VISA 82.73 81.15 -1.58 -1.91
ボーイング 57.77 57.71 -0.06 -0.10
NYDJ 10196.86 10194.29 -2.57 -0.03
ナスダック 2210.80 2203.73 -7.07 -0.32
上海総合 3128.50 3019.39 -109.11 -3.49
FTSE 5260.31 5276.85 16.54 0.31
DAX 5631.37 5668.93 37.56 0.67
日経 10512.69 10325.28 -187.41 -1.78

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギクシャクし始めた米中関係: 呂 新一

ここにきて、米中関係は刺々しいものになっています。

 

まず、貿易の面では、米政府が昨年12月末頃中国製の油井管に対して相殺関税を課すことにしました。そして、理念・価値観の面においては、今月のグーグル中国撤退を巡り、米政府が中国のネット検閲を強く批判し続けています。さらに、中国の国防・主権に係わる点においては、米政府が台湾への武器売却を決めた他、オバマ大統領がダライ・ラマと会談する予定になっています。

 

このような米国の態度について、中国国内で反感が高まっています。反発する人の中には、貧富の差が極端に広がっている現状に不満を抱き、(党幹部を除けば)皆が同じく貧乏であった毛沢東当時の革命社会に郷愁を感じ、資本主義・資本主義の国なら何でも反対する人達がいれば、政権の力を巧みに使い私腹を大いに肥やし、これからの中国の時代で、自分たちの時代であると思っている人達もいます。

 

事実、いま、中国の学術界で、このような言い方が流行っています。1949年(革命成功の年)、社会主義が中国を救った;1979年(改革開放が始まった年)、資本主義が中国を救った;1989年(天安門事件の年、ベルリンの壁が崩壊し東欧諸国がドミノ倒しのように社会主義を放棄した年)、中国が社会主義を救った;そして、2009年、中国が資本主義を救った」。そのような認識(自信)のもと、一部の中国の知識人は、これから中華文明が人類に新しい希望、新しい選択を提供する時代であり、中国が自らの価値観を輸出する時代であると唱えています。

 

しかし、人権尊敬を絶対的であるとする西側社会が、自国民に世の中の出来事を正確に知る権利を与えない中国政府の言う価値観を受け入れる可能性はほぼゼロであり、言い換えれば、今のままでは、米中間に横わたっている大きな溝が消えそうにありません。

 

さらに言うと、今後、中国の経済規模がますます大きくなるにつれ、米中間の摩擦が一層高まる恐れは十分にあります。それは、中国国内で、もう西側の“言いなりになる”必要はないとの考えが広がる一方、米国内では、大きくなる中国の存在を一種の脅威とする見方が強まる可能性が高いからです。

 

このように米中両方に高まっている対立感情(衝突)は、世界経済にとって良いことは何もありません。中国は自国経済の成長のため、米国の市場・米国の技術を必要である一方、米国は自国の財政安定・景気回復のため、中国に国債を購入してもらい、中国の国内市場をぜひとも必要です。特に、世界景気が依然非常に脆弱である現在、第1の経済と第2の経済になろうとしている中国の間に軋轢が高まれば高まるほど、世界経済の先行きがより不透明になるだけです。

 

このことの株価への影響を言うと、悪い影響だけと言えます。

 

我々は、113日の本欄において、「米株の上値が重たくなる可能性」について論じましたが、ここにきて、米株が調整しています。今後の米株価の動きについて言うと、これまでの上昇で、既に景気回復、企業の良い決算などを織り込んだため、今の調整が終了し株価が再び上昇し始まるとしても、これまでにつけた年初来高値を大きく上回ることは考えにくい。むしろ、そのような反発が一時的なものに終わり、その後、長い調整期に入る可能性が大きいと思われます。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

中国列女伝、 村松暎、中公新書

「中国列女伝」 村松暎、中公新書

*ちょっと古い本

*旧中国では女性はそれ自体何ら価値を持ちえず、子を生み夫の家の跡継ぎを作ってこそ存在を認められた

*操を守るためには自らの鼻を削ぎ親のためには操を捨てて仇を報じた。弱さを持って美とされそこに力いっぱい生き抜いた。この中から国を傾ける美女、王侯を悩ます妬婦、国を奪う皇后も出現した。紅楼夢、金瓶梅など文学に材ををとり呂后、則天武后、西太后、らの生涯も描く

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ランド円、株価大幅安

「ランド円、株価大幅安」

Ws000047

*金利は予想通り据置。意外だったのはエコノミストの予想同様に利下げの委員もいたこと

*南ア現地紙では貧富の差を憂える。労働者はまだリッセションのさなかにありと。

*株価は大幅下げで26661(-420)

(テク)

*月足は半年以上12.0挟みで推移。

*日足では12月22日-23日の上昇ラインを下に切り、下げ基調へ

*12月9日-22日の上昇ラインも下抜け

*5日線は1月11日に下降へ

*一目の雲の上限に到達11.78、ボリバンでは下限の11.70に到達

、*PPI、CPIは政策金利発表後、逆にしてくれればいいが。当局はその数字を把握して政策金利を決定するのだろう

*ドルランド7.6から7.59へ。資源安でともに売られる。オバマショック

(注文)

*売りは12.0から

*買いは11.75から大

*損切りの売りは11.45で中

Ws000048

(予定)

26(火)南ア政策金利、

27(水)南アCPI

28(木)南アPPI

29(金)南ア貿易収支

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NZ円、28日金利決定

「NZ円、28日金利決定」

Ws000045

*金利決定1月28日(据え置き予想、次回3月利上げの少数派あり)、29日にはボラード中銀総裁講演あり

(テク)

*月足では昨年2月からの上昇ラインを下に切った。中銀利上げ示唆と豪ドル高に連れて上昇するも上昇ラインに届かず反落。

*日足では12月9日-18日の上昇ラインを下抜いて3連続陰線から上げかけたが中国から冷水浴びせられ、雲の下、ボリバン下限に

*1月20日ー21日の下降ラインを上抜いて推移

*5日線は1月12日に下向き

Ws000046

(材料)

*CPI低下で下落したが小売売上、消費者信頼感指数が好調

*雇用調査改善、カードローン増加、商品価格上昇、住宅販売、価格もまずまず

*キー首相はマニフェストの減税を実施する見込み

*また2025年までに豪経済に追いつくプロジェクトも2月に公開する

(注文)

*売りはない

*買いが62半ばで中程度

*損切りなし

(予定)

28(木)NZ中銀政策金利

29(金)ボラードNZ中銀総裁講演、NZ貿易収支、住宅建設許可

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪ドル円、中国本位通貨

「豪ドル円、中国本位通貨」

Ws000043

*今朝は米国アップル好決算で買われたが中国のムチで一気にリスク後退の流れに。中国本位制

*米株価次第、今日もプラススタート

(テク)

*月足は昨年2月-7月の月足上昇ラインを一旦下抜きそのラインへ挑戦したが反落

*日足は12月28日-29日の上昇ラインを下抜いて一目の雲の上限の81まで下落。なんとか雲の中で今日は踏ん張っている

*1月21日ー22日の下降ラインは上抜く

*5日線は13日下降に転じた

*ボリバンでは上限から反落、下限は79.22

Ws000044

(材料)

*今月はまさに素晴らしい指標が続いて12月には一旦後退した利上げ機運が盛り上がってきた。本日のPPIは予想より低下だが、より金利に敏感なのは明日のCPI

*バーナンキ議長の再任観測でリスク選好で買われる

*2月2日の政策決定会合前にCPIの発表がある

(注文)

*売りは少ない

買いは80.10以下に中から大

*損切りは80以下に小さい売り

(予定)

27(水)豪 4QCPI

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンド円、プラス成長だったので喜ばないとプラス思考

「ポンド円、プラス成長だったので喜ばないとプラス思考」

(材料)

Ws000041

*GDPプラスだが不冴え、プラスだったこと喜ばないと

*ダ-リング財務相が景気刺激策継続を主張

12月CPI前年比+2.9%でインフレは懸念されている

*ポンド売られるも通貨安効果も出てくるだろう

ただ大きな流れは中国のムチが効いている(リスク回避)

(テク)

*再び一目の雲の下近くへ

*ボリバン下限は144.61

*月足は昨年後半から140-150で安定

*1月4日-5日の下降ラインを上抜lき、次いで1月6日-7日の上昇ラインを下抜き横ばい推移、さらに13日ー15日の上昇ラインを下抜け。

*現在は21日ー22日の下降ラインにトライしてまたそのラインに引き寄せられる

*149以上では上ヒゲが出ている。150になるとまとまった売り注文が出ていた

Ws000042

(注文)

*売りは145台でパラパラ。

*買いは144.0が大

*損切りは小さいが144.0あたりに売りがある

(予定)

26(火)英 4QGDP速報

29(金)英GFK消費者信頼感調査

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーロ円、株下げ、ユーロ安明解

「ユーロ円、株下げ、ユーロ安明解」

Ws000039

*ユーロ円、ユーロドルともにボリバン下限を再び割りこむ。株下げで通貨が安くなるユーロはわかりやすい

*日足では1月11日、14日と上ヒゲで売り圧力を示しその後続落。一目の雲の下へ、まだ反発の兆しとなるローソク足が出ていない

*12月21日-30日の上昇ラインを下抜いてまた上げるがやはり上昇ラインが抵抗となった。

*11月27日-12月18日の上昇ラインとは128.50あたりでぶつかったがそれを下抜いた 

*5日線は1月13日に反転下落のまま

*1月14日ー20日の下降ラインとそれを下方平行移動したバンドを想定したい。そこから抜ける時につきたい

(材料)

*IFO景況指数まずまず。多くの指標がマチマチ。それゆえにノボトニーオーストリア中銀総裁、シュタルクECB理事も慎重なコメント

*金融政策を左右するCPIを週後半ユーロと独が発表、独IFOもあり

Ws000040

(注文)

*売りは126台で中

*買いは125後半からまとまっているが損切りの売りも結構入っている

(予定)

26(火)独 IFO景況指数、ユーロ圏経常収支

27(水)仏 消費者信頼感指数、独CPIダボス会議

28(木)独 雇用統計、ユーロ圏消費者信頼感指数

29(金)ユーロ圏マネーサプライ、CPI失業率スイスKOF先行指数

*ギリシア債は6.19%、独債は3.19%。スプレッドは同じ。拡大が止まった程度

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

ドル円材料、中国リンゴ丸かじり相場、テク、注文、予定

ドル円材料、中国リンゴ丸かじり相場、テク、注文、予定」

Ws000038

*中国が金融引き締め観測、S&Pが見通し暗いよといってくれたが、日銀音無し、首相も誰に言わされたのかすぐさま手を打たないという。

*また失われた数年が続く。民主党の4年間か

*米国も不安、あまり今回の金融危機には責任はないと思われるバーナンンキ議長とガイトナー長官がやり玉兄に上がっている

*今日はせっかくアップル好決算で株上昇し始めたが、中国の引き締め観測でひっくり返る。中国がリンゴまるかじり。まさに中国本位制となっている。

*米国は主要企業の決算もまあまあ、他国はドル安是正で為替相場には文句はないだろう

*日本もこれでいいならいいかもしれない

*まもなく米国の3つの指標あり

Ws000037

(テク)

日足ではボリバン下限の89.64に

*5日線は1月8日からまだ下向いたままである

*12月9日-18日の上昇ラインを下に切っての下落中。

*1月8日-14日の下降ラインが基本。一旦上抜いてまたこのラインへトライ中。89円前半、一目の雲の上限がポイント。

*一目均衡表の雲の上限は88.50.

(材料)

*米FOMCあるが米国4QGDPは前期比年率4.8%予想と悪くない

*一般教書もある。オバマ大統領は経費削減宣言をするようだ

*日本は政治スキャンダルの行方、月末指標も注目したい

*日銀は一般より楽観的な見通しのなか政策決定会合だったがその通りだった

*貿易統計や日本企業の決算も注目したい。リパトリのヒントを与えてくれる。去年より改善している

(注文)

*下がったがまだ損切りの買いがやや多い

*普通の売りは90.0近辺

*普通の買いは89前半でこれもそれほど大きくない

(予定)

26(火)シドニー休場、日銀政策決定会合、展望リポート中間評価、企業向けサービス価格指数、中小企業景気判断、消費者支出、米 ケースシラー住宅価格指数、消費者信頼感指数、住宅価格指数、リッチモンド連銀製造業指数

27(水)日 貿易統計、金融経済月報、I、一般教書、米 失業保険、新築住宅販売、FOMC、ダボス会議

28(木)日 小売統計、対内対外証券売買、米 耐久財受注、シカゴ連銀全米活動指数

29(金)日 雇用統計、家計調査、CPI、鉱工業生産、自動車生産、住宅着工、建設

受注、日銀議事要旨、介入状況、、米 4QGDP、個人消費、シカゴPMI、ミシガン大消費者信頼感指数

(講演など)

26(火)日銀総裁
27(水)一般教書、ダボス会議
28(木)
29(金)ボラードNZ中銀総裁、日銀総裁、コーンFRB議長

(外貨投資)

26(火) JPモルガン・アセット・マネジメント JPM 世界鉄道関連株投信
 
27(水)米5年債
28(木)米7年債
29(金)ITCインベストメント・パートナーズ 日興新時代アジア株式ファンド 、21世紀AM チャイナ・ニュー・トレンド・ファンド21「愛称:竜驤虎視」、大和証券投資信託委託 ダイワ 印伯中・国家基盤関連株ファンド 国際株式型

(決算)

25(月)松井証券、アップル、テキサスインスツメンツ、ハリバートン
26(火)森精機、帝国ホテル、コーニング、J&J、ヤフー、デュポン、デルタ航空
27(水)ヤフー(日本)、マネックス、キャノン、ボーイング、キャタピラー、クアルコム、サンマイクロシステム、シマンテック、ユナイテッドテクノロジー
28(木)オムロン、コニカミノルタ、プロミス、京セラ、資生堂、コマツ、新日鉄、日清食品、NEC、日本電産、任天堂、P&G、At&T、3M、マイクロソフト、アマゾン、モトローラ、ロッキード、ノキア
29(金)NTTドコモ、東芝、富士フィルム、富士通、みずほ、ヤクルト、ヤマト、リコー、りそな、三菱商事、JR東日本、JR東海、商船三井、ANA、大和証券、東京ガス、東京電力、関西電力、ハネウェル、マテル、シェブロン

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有楽町、銀座、横浜駅前、伊勢佐木町

「有楽町、銀座、横浜駅前、伊勢佐木町」

ふと思ったが、これだけの一等地のデパートが次々と店を閉じていく

そごう、西武、三越、松坂屋

 ただデパートに変るスーパー、コンビニの売上も減少

中国が引き締めに入れば、もっと供給過多となる。

日銀は10年度、11年度もCPIマイナスの見通しを立てている。でも緩和しない。

よくわからない銀行だ。緩和が遅きに失っしたことは三度あった。四度目は年末か

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ポンド円、ランド円、NY需給

 
「ポンド円、ランド円、NY需給」

Ws000035

Ws000036

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

Ws000033 Ws000034

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

Ws000031

Ws000032

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜はこれから

「夜はこれから」

*今朝は昨夜のNYからのリスク選好が続いていたが、中国の預金準備率引き上げ報道で一転、ダウ先物、貴金属価格が反落した。再びリスク選好の後退となっている

*今日は南ア金利決定。多数派は据置。少数が利下げ。やはり貧富の差が縮まらず貧困層の生活が苦しいようだ。

*今夜は重要指標のケースシラー住宅価格指数がある。他にも以下3つの指標あり。

*米債は2年物入札

*また今日からFOMCが開催される。

*米主要企業決算もある。日本の企業の決算も持ち直している。収益があがればリパトリの動きも出るだろう

22   南ア政策金利(時間未定)
23   米 11月ケースシラー住宅価格 (予想-5.0%)
24   米 1月消費者信頼感指数(53.5) 住宅価格指数(+0.1%)、1月リッチモンド連銀製造業指数(0)
 

外貨投資=米 2年物
決算=コーニング、ベライゾン、J&J、ヤフー、デュポン

+++++今日の出来事+++++

日銀展望リポート中間評価
韓国4QGDP

8    日 12月企業向けサービス価格指数
11   NZ12月クレジットカード消費
12   日銀政策決定会合
14   中小企業景況判断
15   白川総裁記者会見
16   独 12月輸入物価指数 仏 12月消費者支出
17   香港 12月貿易収支
18   独 1月IFO景況指数 ユーロ圏11月経常収支、英4QGDP速報、英中銀総裁&副総裁議会証言

*英国では中銀総裁らが議会証言
*米国はケースシラー住宅価格を含め重要指標あり今日も充実。今週は充実の日々である。

*独連銀ウェーバー総裁は成長については楽観的だが、弱い消費が気がかりとの発言が伝わっている。

*政府日銀ともに口ほどには具体的なデフレ政策はないようだ。税収という安定収入があり給与が下がりにくい政治家や公務員はデフレ対策には真剣味が出ないことは当然かもしれない。

講演=日銀総裁 、英中銀総裁副総裁議会証言
外貨投資=JPモルガンAM 世界鉄道関連株投信
決算=森精機、帝国ホテル

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

為替悠々38、株と為替の変動の質の違い

「為替悠々38、株と為替の変動の質の違い」

 株と為替の動きはかなり異なる。

小泉内閣時代日経平均は7600円から12000円と約50%も上昇したが、為替ではまずこのようなことは1年で起こらない。為替の年間の変動幅は株の5分の1くらいだろう。

1年で110円から60円へあるいは160円へ動く株は多いが、為替ではこうなる前に世の中が、役所が騒ぐ。それだけ為替の動きの方が生活がかかっていることだろう。株は為替ほど日常生活的なものではなく、やはり儲けたい人ばかりが集まっている市場なのだろう。

為替の短期取引で株と同じような儲け(あるいは損)を得ようとしたらやはり資金は5倍くらい必要だ。今や為替の証拠金でそれが簡単に個人でも実現できるがそのリスク管理には経験を要するだろう。

しかし為替の変動幅は小さいとはいえどもその「のべの動き」は株より大きいかもしれない。為替は同じレンジを何度も何度も行ったり来たりする。

高値と安値をとるより日中の上げ下げをフォローしてしつこくくいさがり上げでも下げでも適当にポジションを転換する取引も旨みがあるのだろう。それに株と違い24時間それなりの変動はある。それは銀行のディーリングルームでも往々にして(99%?)ポジションテーカーより日中ディーラーの方が年間で利益を上げていることからも言えそうだ。

為替は24時間相場をフォローして売買を繰り返す人のほうが収益チャンスがあるように思う。その変動の性質において株と異なるものがある。格好良く高値で売り、安値で買う取引よりも日中フォロー型が合う商品であろう。 

| | コメント (0)

為替悠々37、為替相場とファンダメンタルズ

「為替悠々37、為替相場とファンダメンタルズ」

為替相場はファンダメンタルズに合致しなければならないというのが当局の口癖だが如何に相場とファンダメンタルズと合致していないかは以下の通りである。経常黒字がや米国の顔色を伺うことが為替相場の決定要因であり、ファンダメンタルズとは関係がない。もしファンダメンタルズ通りにするなら今頃200円でもいいのではないだろうか。

ドル円

為替  年  GDP  失業率  貿易収支 日経 NYDJ 日本国債 米国債

240  1985  4.4%   2.6%   13.4   11000 1546   6.5   10.6

140  1990  5.3%   2.0%   8.5    34000 2633   6.8   8.6

90   1995  1.6%   3.4%   15.3   15000 5100   2.9   6.6  

115  2000 -0.2%   5.5%   11.5   13000 10000  1.6   6.0

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、夕暮れ需給」

「ポンド円、ランド円、夕暮れ需給」

Ws000029

Ws000030

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

Ws000027

Ws000028

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

電話勧誘頻繁

「電話勧誘頻繁」

*たまに自宅にいると電話の勧誘がかかってくる。畳、屋根、お墓、アパ-ト経営、ソーラーシステム、なんとかトラスト、証券会社からもかかってくる。

*証券会社も最近3社来た。いずれも外貨投信か外債の勧誘。へえー外債に力入れているんだと思う。

でもうるさい。

*FXでは電話勧誘禁止とか言っているが、いったいいまだにバンバンかかってくる電話に比べてどこが違うのだろう。

*結構質の悪い電話があるが、勧誘禁止OKの基準はどこにあるのだろう

*ただ全部ほとんどうるさい。

*今は殆ど携帯を使うので固定電話は90%が勧誘電話。だからぶっきらぼうに出ると先輩であったり、恩師であったり。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給

「ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給」

Ws000025 Ws000026

| | コメント (0)

今夜は南アの政策金利

「今夜は南アの政策金利」

今夜の政策金利決定では26人のエコノミストのうち23人が据え置き、3人が利下げを予想している。少数派の利下げの要因は個人の高い債務比率と雇用不安である。COSATUなどの有力組合からは貧富の差の拡大是正が訴えられている。COSATUは常に利下げを要求している。政府与党ANCの有力支持団体でもある。

また予定されている大手電力会社の大幅電気料金値上げも景気に悪影響を与えるものとされている

 27日のCPI予想は前年比+6.4%であり、前月は5.8%。インフレターゲットは3%から6%である。11月小売売上は予想の-5.0%より悪化の-6.6%となった。まだ力強さはない。

それ以外の要因でランドや南ア株価は最近弱い。

 米国は12月雇用統計が弱いものとなり、さらにはオバマ大統領の「金融規制改革法案」で銀行の自己売買取引に制限がかれば収益が低下する思惑で米国株価が急落した。

また景気が過熱する中国が金融引き締めを行う観測でも資源が売られたこともランド安となった。南ア株価指数は先週から1000ポイント近く下落している。

*資源産業は昨年来収益が向上しているのはいうまでもない。それが貧困労働層までいきわたらないのが南アの解決できない悩みである

 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

欧州これから

「欧州これから」

*独IFO景況指数、英GDP、南ア金利など重要指標は多い

( )内予想

16 独 12月輸入物価指数(±0%)、仏 12月消費者支出(前月比+0.6%)、スイス12月消費指数(前回1.276)、イタリア12月消費支出(3.8%)、イタリア小売売上(+0.1%前月比)

18 独 1月IFO景況指数(予想95.1)、ユーロ圏11月経常収支、英4QGDP速報(前期比+0.4%)、英中銀総裁&副総裁議会証言、英12月住宅ローン(45750)英11月サービス業インデックス(+0.4%)

22 南ア政策金利(据置、時間未定)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一

過去15年間、勝率が6割超を維持してきた予測方法によれば、明日(次の取引日)のTOPIX終値は、今日より低くなる可能性が大きい。

===========

なお、当然のことですが、このコメントに基づく取引で損失が発生しても、当方は一切の責任を負いません。あくまでも自己責任です。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

消費性向、乗数効果、子供手当

「消費性向、乗数効果、子供手当」

①自民党の林議員が菅財務大臣に「こども手当の乗数効果、消費性向は?」と質問した

菅さんもきょとんとして、わかっていないようで官僚か誰かが助けていた

ちょっといじわるな質問であまり意味がない。意味が分かれば聞く必要のないくだらない質問。

②でもその後仙石さんが、とにかく自民党が9兆円も税収見積もりを誤ったで苦労していると言っていた。

*会計年度で政権交代を区切ったほうがいいかもしれない

*でもホントの子供手当と鳩山さんの子供手当の質疑応答で時間が過ぎていく

③最後は数で民主党が勝つ。それは今まで自民党がやっていたこと

*あまり議論は関係ないようだが時間をつぶさないといけない

*政党なんてないほうが面白い。米国はもっと超党派の採決が多いと思う。

*バーナンキ議長の再任も与野党で賛否入り乱れている。党議拘束って個性が否定されて面白くないが日本的なものだろう。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何でもやろう

「何でもやろう」

*取材でどのような指標とかチャートで相場を判断していますかと聞かれる

*あまりディーラーからは聞かれない質問だ

*特定のチャートを期待している節がある

*「全部です」と答える

ファンダメンタルズ、速報ニュース、需給、チャート、当局の考え、資金繰り、他商品の動き、根性など

*朝ドル不足の情報、終日輸出入、資本の需給が役に立つ、注文情報も役に立つ

*ニュースも見逃がせない、チャートだけみていて今朝の中国の預金準備率引き上げ(真偽はともかく)を見逃しては儲けを失う

*チャートはきっかけを教えてくれる

*当局は基本の基本の考え、即効性はないが。

*自分のお金がどうなっているか、マネーマネージメント、鳩山さんくらいあれば気にしなくていい

*他の商品、株、資源、金利を追う

*根性?少しくらい意地がないと何でもだめだろう

*経験則でチャートだけやっている人はあまり戦力になってくれなかった。

*でもファンダメンタルズだけで儲けた人もいた。210円でドル円を売って260円も我慢して170円で買った人もいた(その後消え去ったが)。年配の方はこういう人が多い。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日銀詳細

「日銀詳細」

○政策金利の据え置きは全員一致で決定○補完貸付金利0.3%、補完当座預金金利0.1%-据え置き○
長期国債の買い入れ額は『月1.8兆円』に据え置き○成長率は概ね予想に沿って推移すると予想され
る○政策据え置き、景気下振れリスク高まれば追加緩和も。

セントラル短資FX

| | コメント (0)

ODLさんの豊富なチャート

「ODLさんの豊富なチャート」

ODLさんのMT4のチャートは豊富だ。私も全部知らない

ただチャート解説もHPで見ることができる。私も年をとっているからといって避けずに新しいものに手を出そう(http://www.odls.co.jp/services/technical.html

 罫線分析ツール 30種類


Accelerator Oscillator
Accumulation/Distribution
Alligator
Average Directional Movement Index
Average True Range
Awesome Oscillator
Bears Power
Bulls Power
Bollinger Bands
Commodity Channel Index
DeMarker
Envelopes
Force Index
Fractals
Gator Oscillator
Ichimoku Kinko Hyo
MACD
Market Facilitation Index
Momentum
Money Flow Index
Moving Average
Moving Average of Oscillator
On Balance Volume
Parabolic SAR
Relative Strength Index
Relative Vigor Index
Standard Deviation
Stochastic Oscillator
Volumes
William's Percent Range
カスタムインジケーター16種類
Accelerator
Accumulation
ATR
Awesome
Bands
Bears
Bulls
CCI
Heikin Ashi
Ichimoku
iExposure
OsMA
Parabolic
RSI
Stochastic
ZigZag
 (ここまで)

| | コメント (0)

金利週間一番手、日銀据置

「金利週間一番手、日銀据置」

南ア、FOMC、NZ 皆据え置きか

| | コメント (0)

それで上海株も下落なのだろうか

「それで上海株も下落なのだろうか」

先ほどの報道で上海下落、ダウ先、資源も下げているのだろうか

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

中国の銀行が預金準備率の引き上げ指示

『一部の中国の銀行が預金準備率の引き上げ指示うける、26日実施へ。』との一部報道を受けドル円
、クロス円が軟調に推移。

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、ランチタイム」

「ポンド円、ランド円、ランチタイム」

Ws000023 Ws000024

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪ドル円、NZドル円、ランチタイム

「豪ドル円、NZドル円、ランチタイム」

Ws000021

Ws000022

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドル円、ちょっと損切り減少、ユーロ円、ランチタイム

「ドル円、ちょっと損切り減少、ユーロ円、ランチタイム」

Ws000019

                         

Ws000020_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

つぶやき

「つぶやき」

ココログのメンテが終わったようだ。

*朝方のダウ先物上昇が萎えてきた。

午前中 ツイッターでつぶやいていたこと

日銀政策決定会合。菅財務相が「脱デフレ、下支え期待」を日銀に29日の財政演説で注文するようだが何らかの反応があるだろうか。いつもなようなお決まりのコメントで終わるのだろうか。

*ドル円は午前中は昨日同様底堅かった。先週でドル円のショートが造成され、その損切りの買いが輸入のドル買いに誘発されている。損切りの売りが入っていないということはドル円のショートはある程度出来ているということだろう。

*政府日銀ともに口ほどには具体的なデフレ政策はないようだ。税収という安定収入があり給与が下がりにくい政治家や公務員はデフレ対策には真剣味が出ないことは当然かもしれない。

*今日は豪は休み。オーストラリアデーです。222年前の1978年1月26日、英国艦隊がシドニー湾に上陸、原住民アボジリニとの摩擦、様々な問題もここから起きたということ

*ダウ時間外先物がアップルの好決算で小幅上昇。現在+31の10171。貴金属も小幅上昇、原油は気持下げている。米ドル金利は小幅上昇。昨夜のNYからのリスク選好が続いているが、上海小幅下落スタートが心配。

*今日は南ア金利決定。多数派は据置。少数が利下げ。やはり貧富の差が縮まらず貧困層の生活が苦しいようだ。

*英国では中銀総裁らが議会証言
*米国はケースシラー住宅価格を含め重要指標あり今日も充実。今週は充実の日々である。

*独連銀ウェーバー総裁は成長については楽観的だが、弱い消費が気がかりとの発言が伝わっている。今日のIFOと関係があるのだろうか

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

外資系証券動向、豪NZ株価

「外資系証券動向、豪NZ株価」

*本日は9時ー12時でココログのメンテナンスがあり投稿できません。何卒よろしくお願い申し上げます*

*外資系証券動向=270万株買い越し

*NZ50=3199.88(+11.22、+0.35%)

*豪AORD=お休み

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まもなくメンテのお知らせ

「まもなくメンテのお知らせ」

本日、午前9時から正午までココログブログのメンテナンスが行われますのでアクセスができなくなります。

 メンテ終了次第、再開させて頂きます。なお何かありましたらツイッターにてお伝えさせて頂きます。

宜しくお願い申し上げます。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動いた通貨、リスク選好、ランド円、ポンド円、NZ円

「動いた通貨、リスク選好、ランド円、ポンド円、NZ円」

*リスク選好で株高円安

*大きく下げていたランド円、ポンド円、NZ円が上昇

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の仲値

「今日の仲値」

*1月26日(火) 通常、月末週なので午後にかけ輸出も少々

*ドル円まだ損切り買いあり

*JPモーガンAM 世界鉄道投信あり

*アップル好決算でダウ時間外若干上昇

*本日は9時ー12時でココログのメンテナンスがあり投稿できません。何卒よろしくお願い申し上げます* 何かありましたらツイッターで投稿させて頂きます

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の焦点、日銀、IFO、南ア金利、ケースシラー

「今日の焦点、日銀、IFO、南ア金利、ケースシラー」

楽しい仲間達のブログ情報=今日は呂さんの中国&世界投資情報です

シドニー休場
 
8 日 12月企業向けサービス価格指数
 
日銀展望リポート中間評価
韓国4QGDP

11   NZ12月クレジットカード消費
12   日銀政策決定会合
14   中小企業景況判断
15   白川総裁記者会見
16   独 12月輸入物価指数 、仏 12月消費者支出
17   香港 12月貿易収支
18   独 1月IFO景況指数 ユーロ圏11月経常収支、英4QGDP速報、英中銀総裁&副総裁議会証言
22   南ア政策金利(時間未定)
23   米 11月ケースシラー住宅価格
24   米 1月消費者信頼感指数 住宅価格指数、1月リッチモンド連銀製造業指数
 
講演=日銀総裁、英中銀総裁副総裁議会証言
外貨投資=JPモルガンAM 世界鉄道関連株投信 、米 2年物
決算=森精機、帝国ホテル、コーニング、ベライゾン、J&J、ヤフー、デュポン

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ポンド円、ランド円、朝市」

「ポンド円、ランド円、朝市」

Ws000017 Ws000018

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「豪ドル円、NZドル円、朝市」

「豪ドル円、NZドル円、朝市」

Ws000014

Ws000016

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドル円、ユーロ円、朝市」

「ドル円、ユーロ円、朝市」

Ws000012 Ws000013

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先ずは数字、小戻し、バ議長と景気対策で

「先ずは数字、小戻し、バ議長と景気対策で」

*米株=バーナンキ議長の再任観測が強まったこと、中所得層経済支援策発表で上げるも中古住宅販売が予想を下回り上げ幅縮める

*中国株=金融引き締め観測、米国の金融規制強化で下落。アジア時間での米株上昇は影響せず。

*米債券=米株の動きに連れて売られ利回り上昇

*原油=米株上昇と急激な下落での調整買い入る

*貴金属=アジア時間からの買い戻し、米株上昇で小幅上げる

*穀物=大豆は南米豊作で続落、コーンは他商品の上昇見ながら上げる。

         
  1月22日 1月25日
原油 74.54 75.26 0.72 0.97
1089.70 1095.70 6.00 0.55
CRB 275.56 276.74 1.18 0.43
ドルINDEX 78.25 78.20 -0.06 -0.07
コーン 364.75 367.75 3.00 0.82
大豆 951.50 940.50 -11.00 -1.16
16.93 17.15 0.22 1.29
パラジウム 430.50 438.00 7.50 1.74
プラチナ 1545.00 1547.00 2.00 0.13
         
JGB 1.33 1.34 0.01 0.75
         
米10年債金利 3.61 3.63 0.02 0.53
米30年債金利 4.54 4.55 0.01 0.31
米株個別        
フォード 10.52 10.52 11.03 104.85
グーグル 550.01 550.01 540.00 98.18
シティ 3.25 3.25 3.23 99.38
VISA 82.73 82.73 82.03 99.15
ボーイング 57.77 57.77 57.78 100.02
NYDJ 10172.98 10196.86 23.88 0.23
ナスダック 2205.29 2210.80 5.51 0.25
上海総合 3128.50 3128.50 3094.41 98.91
FTSE 5302.99 5260.31 -42.68 -0.80
DAX 5695.32 5631.37 -63.95 -1.12
日経 10590.55 10512.69 -77.86 -0.74

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美容院と1000円カットではどちらが儲かるか

「美容院と1000円カットではどちらが儲かるか」ダイヤモンド社

どうすれば儲かる会社ができるのか。IT時代に必要な会計システムとは

「経営に必要な会計の勘所」がマンガでわかる

*「第3章 パリの町はなぜ美しいか」は横浜も見習ってほしい

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランド円、金利据置き予想、少数が利下げ予想

「ランド円、金利据置き予想、少数が利下げ予想」

Ws000010

*南ア現地紙では貧富の差を憂える。労働者はまだリッセションのさなかにありと。

*株価は小幅高

(テク)

*月足は半年以上12.0挟みで推移。

*日足では12月22日-23日の上昇ラインを下に切り、下げ基調へ

*12月9日-22日の上昇ラインも下抜け

*5日線は1月11日に下降へ

*一目の雲の上限に到達11.78、ボリバンでは下限の11.70に到達して今日は反発

、*PPI、CPIは政策金利発表後、逆にしてくれればいいが。当局はその数字を把握して政策金利を決定するのだろう

*26日に金利決定。予想は26人のエコノミスト中、23人が据え置き、3人が利下げ

*ドルランド7.6から7.59へ。資源安でともに売られる。オバマショック

(注文)

*売りは12.10から

*買いは11.80から大

*損切りの売りは11.45で中

(予定)

26(火)南ア政策金利、

27(水)南アCPI

28(木)南アPPI

29(金)南ア貿易収支

Ws000011

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NZ円、金利は据置予想

「NZ円、金利は据置予想」

Ws000008

(テク)

*月足では昨年2月からの上昇ラインを下に切った。中銀利上げ示唆と豪ドル高に連れて上昇するも上昇ラインに届かず反落。

*日足では12月9日-18日の上昇ラインを下抜いて3連続陰線から今日はちょい上げ

*1月20日ー21日の下降ラインを上抜いて推移

*5日線は1月12日に下向き

*一目雲の中に、上限は64.80、下限は63.40

*ボリバン下限は63.10

(材料)

*CPI低下で下落したが小売売上、消費者信頼感指数が好調

*雇用調査改善、カードローン増加、商品価格上昇、住宅販売、価格もまずまず

*キー首相はマニフェストの減税を実施する見込み

*また2025年までに豪経済に追いつくプロジェクトも2月に公開する

*金利決定1月28日(据え置き予想、次回3月利上げの少数派あり)、29日にはボラード中銀総裁講演あり

(注文)

*売りは65.0で中

*買いが64.0、63.500で中程度あり

Ws000009

(予定)

25(月)NZ休場、

26(火)シドニー休場

28(木)NZ中銀政策金利

29(金)ボラードNZ中銀総裁講演、NZ貿易収支、住宅建設許可

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪ドル円、米中古住宅悪化でやや下げ

「豪ドル円、米中古住宅悪化でやや下げ」

Ws000006

*ここまでリスク選好の流れで底堅かったが、米中古住宅販売悪化でやや売られている

*米株価次第

(テク)

*月足は昨年2月-7月の月足上昇ラインを一旦下抜きそのラインへ挑戦したが反落

*日足は12月28日-29日の上昇ラインを下抜いて一目の雲の上限の81まで下落。なんとか雲の上限で今日は踏ん張っている

*1月21日ー22日の下降ラインは上抜く

*5日線は13日下降に転じた

*ボリバンでは上限から反落、下限は79.22

(材料)

*今月はまさに素晴らしい指標が続いて12月には一旦後退した利上げ機運が盛り上がってきた。本日のPPIは予想より低下だが、より金利に敏感なのはCPI

*バーナンキ議長の再任観測でリスク選好で買われる

*2月2日の政策決定会合前にとCPIの発表がある

(注文)

*売りは82.0に大
買いが81.10以下が大

*損切りはないが80.50に中

(予定)

25(月)豪 4QPPI

26(火)シドニー休場

27(水)豪 4QCPI

Ws000007

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

ポンド円、雲の下限、ボリバン下限から反転

「ポンド円、雲の下限、ボリバン下限から反転」

Ws000004_2

(テク)

*一目の雲の下へ下りず反転。

*ボリバン下限の144.78反転

*月足は昨年後半から140-150で安定

*1月4日-5日の下降ラインを上抜lき、次いで1月6日-7日の上昇ラインを下抜き横ばい推移、さらに13日ー15日の上昇ラインを下抜け。

*現在は21日ー22日の下降ラインにトライしている

*149以上では上ヒゲが出ている。150になるとまとまった売り注文が出ていた

(材料)

*12月CPI前年比+2.9%でインフレも懸念される

*4QGDPは前期比+0.4%、前年比-2.9%とベターザン3Q

*利上げ検討、格下げ検討など強弱いろいろある

(注文)

*売りは147.0が大、146台は小さい

*買いは145.40以下で中

*損切りは小さい

Ws000005_2

(予定)

26(火)英 4QGDP速報

29(金)英GFK消費者信頼感調査

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーロ円、ボリバン内へ

  Ws000002_2 「ユーロ円、ボリバン内へ」

*かろうじてボリバン下限の下抜けからバンド内へ

*日足では1月11日、14日と上ヒゲで売り圧力を示しその後続落。一目の雲の下へ、まだ反発の兆しとなるローソク足が出ていない

*12月21日-30日の上昇ラインを下抜いてまた上げるがやはり上昇ラインが抵抗となった。

*11月27日-12月18日の上昇ラインとは128.50あたりでぶつかったがそれを下抜いた 

*5日線は1月13日に反転下落のまま

*1月14日ー20日の下降ラインとそれを下方平行移動したバンドを想定したい。そこから抜ける時につきたい

(材料)

*金融政策を左右するCPIを週後半ユーロと独が発表、独IFOもあり

*ユーロ円、ユーロドルともにボリバン下限を割りこむ、行き過ぎ?=今日は行き過ぎ是正

*ギリシア債やや落ち着き:

(注文)

*売りは128台で漸く中

*買いは127台前半は中、127割れから大

*損切りは売り買い小さいものでほぼ拮抗

Ws000003_3

(予定)

25(月)独 GFK消費者信頼感調査、

26(火)独 IFO景況指数、ユーロ圏経常収支

27(水)仏 消費者信頼感指数、独CPIダボス会議

28(木)独 雇用統計、ユーロ圏消費者信頼感指数

29(金)ユーロ圏マネーサプライ、CPI失業率スイスKOF先行指数

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドル円材料、テク、注文、予定

「ドル円材料、テク、注文、予定」

Ws000000_5

*米株の上昇でなんとか下がらず、引き続き米株要注目

(テク)

日足ではボリバン下限へ89.88。そこから今日は反発している

*5日線は1月8日からまだ下向いたままである

*12月9日-18日の上昇ラインを下に切っての下落中。

*1月8日-14日の下降ラインが基本。一旦上抜いてまたこのラインへトライ中。89円前半、一目の雲の上限がポイント。

*一目均衡表の雲の上限は88.50.

Ws000001_2

(材料)

*今日は休み明けの外貨不足とバーナンキ議長の再任観測でややリスク選好へ。米株先物だけがアジアで上昇、他国はほとんど下落

*米FOMCあるが米国4QGDPは前期比年率4.8%予想と悪くない

*一般教書もある

*日本は政治スキャンダルの行方、月末指標も注目したい

*日銀は一般より楽観的な見通しのなか政策決定会合

*貿易統計や日本企業の決算も注目したい。リパトリのヒントを与えてくれる。

明日はケースシラー住宅価格

(注文)

*まだ損切りの買いがやや多い(朝からだが)

*普通の売りは90.50中心、ただ大きくはない

*普通の買いは90.0、89.80が大

(予定)

25(月)衆院予算委員会、自動車販売実績、米 中古住宅販売、ダラス連銀製造業活動指数
26(火)シドニー休場、日銀政策決定会合、展望リポート中間評価、企業向けサービス価格指数、中小企業景気判断、消費者支出、米 ケースシラー住宅価格指数、消費者信頼感指数、住宅価格指数、リッチモンド連銀製造業指数

27(水)日 貿易統計、金融経済月報、I、一般教書、米 失業保険、新築住宅販売、FOMC、ダボス会議

28(木)日 小売統計、対内対外証券売買、米 耐久財受注、シカゴ連銀全米活動指数

29(金)日 雇用統計、家計調査、CPI、鉱工業生産、自動車生産、住宅着工、建設

受注、日銀議事要旨、介入状況、、米 4QGDP、個人消費、シカゴPMI、ミシガン大消費者信頼感指数

(講演など)

25(月)経団連会長
26(火)日銀総裁
27(水)一般教書、ダボス会議
28(木)
29(金)ボラードNZ中銀総裁、日銀総裁、コーンFRB議長

(外貨投資)
25(月)EIB米ドル円金利差額変動利付債、米インフレ連動20年債、
26(火) JPモルガン・アセット・マネジメント JPM 世界鉄道関連株投信
 
27(水)米5年債
28(木)米7年債
29(金)ITCインベストメント・パートナーズ 日興新時代アジア株式ファンド 、21世紀AM チャイナ・ニュー・トレンド・ファンド21「愛称:竜驤虎視」、大和証券投資信託委託 ダイワ 印伯中・国家基盤関連株ファンド 国際株式型

(決算)

25(月)松井証券、アップル、テキサスインスツメンツ、ハリバートン
26(火)森精機、帝国ホテル、コーニング、J&J、ヤフー、デュポン、デルタ航空
27(水)ヤフー(日本)、マネックス、キャノン、ボーイング、キャタピラー、クアルコム、サンマイクロシステム、シマンテック、ユナイテッドテクノロジー
28(木)オムロン、コニカミノルタ、プロミス、京セラ、資生堂、コマツ、新日鉄、日清食品、NEC、日本電産、任天堂、P&G、At&T、3M、マイクロソフト、アマゾン、モトローラ、ロッキード、ノキア
29(金)NTTドコモ、東芝、富士フィルム、富士通、みずほ、ヤクルト、ヤマト、リコー、りそな、三菱商事、JR東日本、JR東海、商船三井、ANA、大和証券、東京ガス、東京電力、関西電力、ハネウェル、マテル、シェブロン

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ポンド円、ランド円、NY需給」

「ポンド円、ランド円、NY需給」

Ws000065 Ws000066

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

Ws000063

Ws000064

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

Ws000061 Ws000062

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜はこれから

「夜はこれから」

*金融規制改革法案の影響は、先週からの動きからは落ち着くだろう

*バーナンキ議長の再任はどうなるか、政府は自信をもっているらしいが

*米 不安定なるも今週の4QGDPはいい予想だ。

*ビンラディンの不穏な声明は続く

*米主要企業決算は続く、今夜はアップル、テキサスインスツルメンツ

*中古住宅販売予想は590万

24 米 12月中古住宅販売件数 ダラス連銀1月製造業活動指数 

外貨投資=米インフレ連動20年債 
決算=フィアット、ロイヤルフィリップ、アップル、テキサスインスツルメンツ、ハリバートン 

+++++今日の出来事++++++

6    NZ休場   
9   豪 4QPPI 衆院予算員会 
11   自動車販売実績   
15   経団連会長会見   
16   独 2月GFK消費者信頼感指数   

講演= 経団連会長 
外貨投資=EIB米ドル円金利差額変動利付き円貨債

決算= 松井証券

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社