« 「ポンド円、ランド円、NY需給」 | トップページ | ユーロ、独首相辞任騒動と出口を示唆しなかったトリシェ総裁 »

2010年1月15日 (金)

ドル円、91絡み3日目

「ドル円、91絡み3日目」

Ws000051

(材料)

*帰宅したら民主党議員らが逮捕されていたが相場にはあまり影響がないようだ。昔からそうだった。明日は民主党大会、来週国会。経済のことは議論する暇はないかもしれない

*JPモーガン決算良し、豪銀も良い見通し

*現在は米株安、米金利低下、商品価格安となっている。

*今夜は米債券市場短縮取引、NY勢は連休モード

*中国人民銀行引き上げの余韻はだんだん小さくなるだろう

*デフレ宣言の菅財務相が95円問題でおとなしい

(テク)

*1月8日-12日の下降ラインのまだ外にいる。今日の下値ポイントの90.30には届かなかった。

*5日線は依然下降中

*一旦下抜いた12月9日-18日の下降ラインに接することはいつも通りなかなか難しい

Ws000052

(注文)

*現在の損切りは金額は大きくないがそのレベルにも売買ともに入っている

*普通の売りは91.20が大、それ以上は中程度

*普通の買いは91.05から小から中

*土日にあった92.80の売りは結局つかず遠くなった。休みの注文にはヒントがある

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 「ポンド円、ランド円、NY需給」 | トップページ | ユーロ、独首相辞任騒動と出口を示唆しなかったトリシェ総裁 »

為替10年1月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円、91絡み3日目:

« 「ポンド円、ランド円、NY需給」 | トップページ | ユーロ、独首相辞任騒動と出口を示唆しなかったトリシェ総裁 »