« 今日は私のIT革命日 | トップページ | インビクタス/負けざる者たち、ランド円 »

2010年1月19日 (火)

2月北極G-7の基調

「2月北極G-7の基調、当局は常に慎重、雇用懸念」

IMFのストロスカーン専務理事は「世界経済の危機はまだ終わったわけではなく、雇用情勢は依然として厳しい。当面は、政府の財政支出による景気刺激策が必要だ」と述べた(だいたいこれが2月北極G-7の基調だろう)

その一方でストロスカーン専務理事は「マーケットの信認を維持するためには、財政の健全化の戦略を策定していくことが大事だ」と、日本も健全化への道筋を明らかにする必要があるという考えを示した。

菅大臣は「次の衆議院選挙までの間に、歳入面の手当ても検討しなくてはならない」と答え、税制など歳入面からも財政の建て直しを進める考えを示した(ええっ4年後?)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 今日は私のIT革命日 | トップページ | インビクタス/負けざる者たち、ランド円 »

為替10年1月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月北極G-7の基調:

« 今日は私のIT革命日 | トップページ | インビクタス/負けざる者たち、ランド円 »