« 玉木財務官の米国介入陳情はどうなったのだろう | トップページ | ポンド、デール委員、脱リセッション宣言 »

2009年12月 2日 (水)

ユーロ円、上昇ライン生きている

「ユーロ円、上昇ライン生きている」

Ws000022_2

*ユーロ円もドル円同様に11月27日からの上昇ラインに乗っている

*このラインの下抜けだけ気をつけたい

*10月26日-11月11日の下降ラインに接している

*ユーロドルは狭い安定したボリンジャーバンド内で推移。その中で上限に近い

*ドル円や他のクロス円同様にボリバンの下限以下で長い下ヒゲを残して上昇。ドル円より勢いがある

*CPIが半年ぶりにプラス圏に。出口戦略を語るECB幹部も出てくる。適度な出口戦略はユーロをサポートしよう。

*EU大統領誕生は明るい話題

*一目の雲の下限からはかい離しすぎているので近づく余地あり

*(注文)

*売りは131.60から、132.0が大

*買いは131.0が大。

*損切りは目立たない

Ws000023_2

2(水)ユーロ圏 PPI、EU財務相理事会

3(木)ユーロ圏サービス業PMI確報、ユーロ圏小売売上、ユーロ圏GDP確報、 ECB理事会 、トリシェ総裁会見

4(金)スイスCPI、ECBスマギ理事講演

|

« 玉木財務官の米国介入陳情はどうなったのだろう | トップページ | ポンド、デール委員、脱リセッション宣言 »

為替09年12月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 玉木財務官の米国介入陳情はどうなったのだろう | トップページ | ポンド、デール委員、脱リセッション宣言 »