« 誇張のトレーディングの時代 エラー分再送 | トップページ | 来週のNZ中銀会合のポイント »

2009年12月 2日 (水)

米失業率より雇用者数

「米失業率より雇用者数」

*遅行指数である米国失業率は悪化して10%台であryが雇用者数は改善しているのは

チャレンジャー社の人員削減数、ADP雇用者数、新規失業保険申請者数からもうかがえる

*今夜は11月ADP雇用者数予想が-15万で前回の-20.万人より改善している

*11月チャレンジャー社人員削減数は前回jは-50.7%

明日の新規失業保険申請者数48.3万件の予想である

ご参考までに前回の失業率後のリポート

「ADP、失業保険、チャレンジャーは当たっていた」11月9日

*米国10月失業率は10.2%と9月9.9%から悪化した

*非農業部門雇用者数は-19.0万人であるがこれは前月の-26.3万人から改善した

先週発表されていたADP雇用者数、失業保険申請者数、チャレンジャー社人員削減数は改善していた。あながち間違っていた数字でもない。雇用者数は改善している。それが金曜の株の上昇につながっていたのだろう。

以下は先週のADP、失業保険、チャレンジャー社の数字

+++++++++++++++++++++++

*「10月米人員削減数」51%減、5カ月連続のマイナス-チャレンジャー社

  チャレンジャー社は10月の人員削減計画人数は、前年同月比51%減と、約1年半ぶりの低水準となった。景気回復への期待感から
企業が雇用を維持している兆候が示された。  10月の人員削減計画数は5万5679人と、前年同月の11万2884人から減少。5カ月連続で改善し、減少幅は2006年7月以来最大となった。前月比では16%減少した。

*「10月の米ADP民間雇用」は前月比20万3000人減少した。予想は19万8000人減だった。

  9月は22万7000人減に修正された。雇用者数の減少は年末まで続くと見込まれている。

*「新規失業保険申請件数」
米労働省が5日に発表した10月31日に終わった1週間の新規失業保険申請件数は51万2000件と、1月以降で最低となった。前週の53万2000件(速報値53万件)からは2万件減少した。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 誇張のトレーディングの時代 エラー分再送 | トップページ | 来週のNZ中銀会合のポイント »

為替09年12月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米失業率より雇用者数:

« 誇張のトレーディングの時代 エラー分再送 | トップページ | 来週のNZ中銀会合のポイント »