« NYオープン前は意外と落ち着いている | トップページ | ユーロ円、ダウ下げ幅拡大 »

2009年12月 9日 (水)

ドル円、円高でも騒がなくなってきた

「ドル円、円高でも騒がなくなってきた」

Ws000042

*ドル円は最初の下げほど世間は騒いでいない。これが目が慣れるということ

*また政府も何も言わない。ただ慣れていようがあるまいが景気は悪化

*多くの通貨ペアがボリンジャーバンドの下限にいたが大きく下抜けることなく行儀良し

*ドル円ボリンジャー下限は86あたりでまだ余地あり

*12月7日-8日の下降ラインに沿っている。上昇時もきっちり上げトレンドラインに沿っていた。下降ラインを図のように下方に平行移動

*遅行指標の5日線はまだ上向き、下向きは今日の終値が88.20以下の時か

*今夜は米国10年債入札

(注文)

*売り細い

*買いは売りよりもあるがこれも細い。サイズは小から中

*損切りは買いは88.20中心にあり。売りはない。

*NYダウ気持下げでスタート

*円は今週より来週の短観と日銀政策金利に焦点がある

Ws000043

(予定)

9(水)日 3QGDP二次速報、藤井財務相定例会見
10(木)日 企業業物価指数、工作機械受注 オフィス空室率
11(金) 亀井金融相講演、閣議後会見、日 オプションSQ、11月消費者態度指数、投信概況、中国指標(小売、固定資産投資、鉱工業生産、貿易)

(決算)

10(木)東京ドーム

(外貨投資)

9(水)米10年債
10(木)米30年債、リクソー投信 ブリッジウォーター連動、トランストレンド・エンハンスト連動、ポールソン・アドバンテージ連動
11(金)DIAMAM 新興資源国債券ファンド、 三菱UFJ投信 新興国株式インデックスファンド、新光投信ETFファンドヘッジあり、 国際株式型

(講演)

11(金)亀井金融相講演

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« NYオープン前は意外と落ち着いている | トップページ | ユーロ円、ダウ下げ幅拡大 »

為替09年12月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円、円高でも騒がなくなってきた:

« NYオープン前は意外と落ち着いている | トップページ | ユーロ円、ダウ下げ幅拡大 »