« 朝の資源価格 | トップページ | APEC株、豪日上げ、NZ上海NY下げ »

2009年12月17日 (木)

今年は日蔭者が強かった

「今年は日蔭者が強かった」

今年はユーロ(ドルから主役交代)や豪ドル(3度の利上げ)が脚光を浴びたが

それに対して叩かれまくった英ポンド、叩かれはしなかったが自虐的な発言(中銀総裁の豪とは違うんですとか日々NZドル高を懸念)のNZはイメージ的には弱弱しかったが実際は強かった

 ポンドなどは年間を通じてもユーロより強かった。このへんが為替の面白いところである。NZも年間を通じて豪ドルと互角に戦った

以下のチャートはユーロポンドの月足と豪ドルNZドルの月足である。

Ws000005 Ws000006

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 朝の資源価格 | トップページ | APEC株、豪日上げ、NZ上海NY下げ »

為替09年12月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年は日蔭者が強かった:

« 朝の資源価格 | トップページ | APEC株、豪日上げ、NZ上海NY下げ »