« 日本株 | トップページ | 通貨危機16、アルゼンチン通貨危機その3 »

2009年12月 2日 (水)

たかが金、金より綺麗ではないが儲かる

「たかが金、金より綺麗ではないが儲かる」

*景気回復途上であれば宝飾品ナンバー1の金の美しさには負けるが、工業需要で金より儲かる。ただ下げも速い。

白金は一時金に抜かれていたが現在は240ドル以上差がついている。

 南アは儲かる。

白金=白金は触媒としても自動車の排気ガスの浄化をはじめ多方面で使用されている

パラジウム=歯科治療用。工業的には自動車の排気ガス浄化用の触媒として使われている

=浄水器の殺菌装置など、銀イオンはその浴槽水の殺菌に利用されている。歯科医療、鍼治療用で利用されている。導電性の良い電線として利用されている。

    年初 12月1日 上昇幅 上昇率
1位 パラジウム 188.00 378.00 190.00 101.06
2位 11.70 19.12 7.42 63.42
3位 プラチナ 980.00 1477.00 497.00 50.71
4位 874.98 1200.20 325.22 37.17

|

« 日本株 | トップページ | 通貨危機16、アルゼンチン通貨危機その3 »

為替09年12月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本株 | トップページ | 通貨危機16、アルゼンチン通貨危機その3 »