« 夜はこれから | トップページ | 「ドル円、ユーロ円、NY需給」 »

2009年12月 1日 (火)

外資ディーラーはストーブリーグ

「外資ディーラーはストーブリーグ」

外資系は12月前に今年の査定、評価が終わる。それに従ってボーナスが決まり来年早々支給される。

 今年上手くいかなかったもの、上手くいってもボーナスが冴えなそうな時は移籍を考えるのが12月。12月の成績はカウントされない銀行が多い。外資は将来を考えて儲けを蓄積することはないので1回でたくさんもらおうとする。

 だから12月は休むものが多くなる。もちろんクリスマスでもある。長いのは12月殆ど全部休んでしまう

また移籍の密談も行われ、ある者ものはB銀行に、ある者はC銀行へ移動する。日本だけでなく海外へいくものもいる。

 どこかで欠員が出れば誰かが入る。動けばヘッドハンターが儲かる。ただ移動が終わってみればたいした戦力のアップダウンはない。転職ではなく外銀全体での転勤のようだ。

 あまり生産的な動きではないがヘッドハンターだけが儲かる

 ヤンキースの松井さんのテレムさんのようなものだ。松井さんが動けばより儲かる。

すいません、儲かる儲かると下品で。

|

« 夜はこれから | トップページ | 「ドル円、ユーロ円、NY需給」 »

為替09年12月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜はこれから | トップページ | 「ドル円、ユーロ円、NY需給」 »