« Fed Fund Future:水谷 | トップページ | トールブラザーズ、景気対策切れで損失 »

2009年12月 4日 (金)

ID為替が役にたたなくなったら

「ID為替が役にたたなくなったら」

米財務省は12月8日に400億ドルの3年債入札、9日に210億ドルの10年債入札、10日に130億ドルの30年債入札を実施する。  合計740億ドル

発行日はすべて15日。  償還日は3年債が2012年12月15日、10年債が2019年11月15日、30年債が2039年11月15日。

++++++++++++++++

*米国長期債入札は2、5、8、11月に行われていた。だからそこをウォッチしていれば利金が入った時の翌日の仲値でドル円を売ってくる機関投資家がいた。たまに「うちのファンドマネージャー休みで明日売るそうです」とか言われることはあった。

*所得収支の金利収入は2,5,8,11月が少し増えていた。それが一つのID為替であった。

*ところが最近は米国はのべつまくなしに債券を発行するし、元気のない日本の機関投資家は日本国債ばっかり買って外物には手をださないのであまりID為替のルールが役に立たないようになってきた。

*そこでまた修正するのもID為替

またクセを見つけてデータ収集。常に楽して儲けようとしている。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« Fed Fund Future:水谷 | トップページ | トールブラザーズ、景気対策切れで損失 »

為替09年12月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ID為替が役にたたなくなったら:

« Fed Fund Future:水谷 | トップページ | トールブラザーズ、景気対策切れで損失 »