« ボリバン下限ギリギリ | トップページ | 回復力と抵抗力? »

2009年12月 9日 (水)

FX確定申告 2

「FX確定申告 2」

B)雑所得(非取引所為替証拠金取引)

 非取引所為替証拠金取引における利益は、雑所得として総合課税の対象になる。非取引所為替証拠金取引における利益に対する税率は所得(給与等を含む)に応じた累進税率となる。

 「雑所得」には、為替による売買利益の他に年金、恩給、非営利用貸金の利子、原稿料や印税、講演料や放送謝金などのように、利子所得、配当所得、事業所得、不動産所得、給与所得、退職所得、譲渡所得、山林所得、一時所得の9種類のいずれにも当てはまらないものを「雑所得」としている。「雑所得」は他の所得と合算して、年間の総所得により税率が決まる。この際、雑所得が赤字でも他の所得と通算することが出来きない。ただし、雑所得同間の通算は可能で、他の雑所得のマイナスをもって他の雑所得を控除できる。また、年間の給与収入総額が2,000万円以下の給与所得者で、かつ給与所得および退職所得以外の所得の合計額が20万円以下の場合、申告する必要はない。

|

« ボリバン下限ギリギリ | トップページ | 回復力と抵抗力? »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボリバン下限ギリギリ | トップページ | 回復力と抵抗力? »