« CFDってなに、その6 | トップページ | 夜はこれから »

2009年12月16日 (水)

やはりFRBは資金吸収レポ用意?

「やはりFRBは資金吸収レポ用意?」

FRBとプライマリ-ディーラーは資金吸収(金融引き締め)について引き続き打ち合わせしているようだ。

ロイターによれば FRBは、プライマリーディーラーと試験的なリバースレポを行っているが、一部のプライマリーディーラーは、リバースレポの合意は「解消できるもの」であるべきとの考えを示している。

例えば、バークレイズは、FRBが市場参加者に資産を売却し、後日買い戻すというリバースレポの合意を、緊急時にはすぐに解消できるという選択肢がマネー・マーケット・ファンド(MMF)にあれば、より効果的になるとの見方を示している。   

リバースレポは、金融引き締め時に市場から資金を吸収するためにFRBが用いることができる手段のひとつとみられている。FRBは、リバースレポの取引相手として、通常のプライマリーディーラー以外の市場参加者を検討することができるとしているが、決定はされていない。  

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« CFDってなに、その6 | トップページ | 夜はこれから »

為替09年12月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはりFRBは資金吸収レポ用意?:

« CFDってなに、その6 | トップページ | 夜はこれから »