« 日本株&チャート | トップページ | CFDってなに、最終 »

2009年12月18日 (金)

CFDってなに、その9

「CFDってなに、その9」

日経平均CFDは米国時間に取引する

米国の株価と日本の株価の関係を見ると、米国株が上昇した翌日の日本株は、ほとんど値上がりする傾向にある。

ただし、翌日、日本の株式市場が寄り付いてから買いに行っても、タイミング的には遅い。寄り付き時点から買いが集まるため、前日の引け値に比べて高いところで寄り付いてしまうからだ。チャート的に言うと「窓」が開いてしまうのである。

かといって、米国市場が高い時に、シカゴで取引されている日経平均の先物を買うというのも、またハードルが高い。そこで、CFDを利用する。

日経平均株価を原資産にしたCFDは、株価指数と株価指数先物の両方がある。米国市場が値上がりし、翌日の日経平均株価が高く寄り付きそうだと思ったら、株価指数先物のCFDを買う。先物CFDであればオーバーナイト金利が取られることもないので、コスト的にも安くあがる。

逆に、米国の株価が大幅に下落して、翌日の日経平均株価が安く寄り付きそうだという時には、迷わず株価指数先物のCFDを売っておく。

この戦略はあくまでも短期トレードで行うこと。さらに翌日までポジションを持ち越してしまうと、そもそものシナリオが崩れてしまう。今日の米国市場が値上がりしたからといって、翌日も同じように値上がりするとは限らないからだ。もし、当初の見込み通りに動かなかった場合は、潔くポジションを閉じて損切りするようにしよう。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 日本株&チャート | トップページ | CFDってなに、最終 »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本株&チャート | トップページ | CFDってなに、最終 »