« 中国指標を前に | トップページ | 鳩山ブログは役に立つ »

2009年12月11日 (金)

ドル円、2本目抜く、88.45-50売りと損切り

「ドル円、2本目抜く、88.45-50売りと損切り」

Ws000004

*NY時間外、日経も上昇、円安、これが続けばどの政権も安泰だが、このあたりを手をつけずに、わけのわからぬところへお金が回るので円高、株安、世界の株まで下がってしまう

*金も上昇中

*図のように2本目の下降ラインを上抜いた。3本目は今日なら89.20あたりでぶつかる

*5日線はまだ下向き、ボリバンは中位

*金曜なのでちょっとドル需要は多いだろう

*亀井さんがほえれば面白い。外国人特派員協会の会見なので為替でも質問してくれないかと思う

(注文)

*売りは88.45に大だが、88.50に損切りあり。跳ねる可能性あり

*買いは88.05以下小から中

*損切りの買いの88.50は普通の売りより大きい

*損切りの売りは87.95に中

*11月27日の84.79と12月4日の90.78のほぼ半値で踏みとどまった

*円は今週より来週の短観と日銀政策金利に焦点がある

Ws000005

(予定)

11(金) 亀井金融相講演、閣議後会見、日 オプションSQ、11月消費者態度指数、投信概況、中国指標(小売、固定資産投資、鉱工業生産、貿易)

(外貨投資)

11(金)DIAMAM 新興資源国債券ファンド、 三菱UFJ投信 新興国株式インデックスファンド、新光投信ETFファンドヘッジあり、 国際株式型

(講演)

11(金)亀井金融相講演

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 中国指標を前に | トップページ | 鳩山ブログは役に立つ »

為替09年12月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円、2本目抜く、88.45-50売りと損切り:

« 中国指標を前に | トップページ | 鳩山ブログは役に立つ »