« ユーロ円、上昇ライン守れるか | トップページ | 豪ドル円、明日は中銀総裁講演 »

2009年12月 8日 (火)

ポンド円、10日に政策金利

「ポンド円、1日に政策金利」

Ws000007

*まだかろうじて11月27日からの上昇ラインが生きている

*NY株がプラス圏となりクロス円の売りが若干収まっている

*ポンドドルがボリバン下限に張り付いている

*5日線は上向きのまま

*一目均衡表の薄いところを上抜けたがまた戻ってきた

*デール中銀委員の景気底打ち宣言は効果あり

*政策金利は現状維持だろう、いつものように会合後の総裁コメントに注目

*景気指標もそれほど悪くないし、物価はユーロほど低下してこなかった

*銀行のシステムが弱点

Ws000008

(注文)

*売りは147.20以上で小から中が続く

*買いは146.60以下。

*損切りの売り買いもない

7(月)英 ハリファックス住宅価格指数、バーナンキ議長講演
8(火)オバマ大統領経済演説、英 鉱工業生産、製造業生産高

9(水)英 全国消費者信頼感指数、英 貿易収支

10(木)英中銀政策金利
11(金) 英 PPI

|

« ユーロ円、上昇ライン守れるか | トップページ | 豪ドル円、明日は中銀総裁講演 »

為替09年12月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユーロ円、上昇ライン守れるか | トップページ | 豪ドル円、明日は中銀総裁講演 »