« ドル円、損切り執行 | トップページ | ポンド円、再びボリバン下限へ »

2009年11月24日 (火)

ユーロ円、リスク回避VS強いIFO

Ws000026 「ユーロ円、リスク回避VS強いIFO」

*NYダウ小幅下げ

*ユーロ円も中国株下落、独銀の資本増強などで売られていたが、IFO景況感指数、ユーロ圏鉱工業受注が強かったので戻している

*ボリバンの下限からは浮上しているが、一目の雲の上に乗れず

*トリシェ総裁やパラモ理事の出口示唆も効いているが1.5は心理的壁か、

*トレンドラインのサポートは7月8日-10月2日の130半ばである

*売りは再び132.70から入り、133台はコンスタントに中から大あり

*買いは小から中が132.0から131.50まで買い厚し

*損切りはない

(予定)

25(水)独 GFK消費者信頼感指数

26(木)ユーロ圏マネーサプライ、独CPI

27(金)仏 消費者信頼感指数、ユーロ圏消費者信頼感指数、スイスKOF先行指数

(講演など)

26(木)欧州委員会クルス委員
27(金)
28(土)トリシェ総裁、アルムニア欧州委員、ユンケルユーロ議長

Ws000027

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドル円、損切り執行 | トップページ | ポンド円、再びボリバン下限へ »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ円、リスク回避VS強いIFO:

« ドル円、損切り執行 | トップページ | ポンド円、再びボリバン下限へ »