« ポンド、厚きロンドンの雲の上に出れるか | トップページ | NZドル円、遅々だが豪ドルについていくだろう »

2009年11月18日 (水)

豪ドル円、やはり垂れました

「豪ドル円、やはり垂れました」

Ws000007

*13:04の投稿通りやはり垂れました

*団子天井であまりすぐ下げることはないが、今回は損切りの売りとRBA議事録でちょっと利上げの勢い、元気がなくなったことも加わって下げてしまった。

*たいした下げではないが、11月2日-4日の上昇ラインの下抜けも伏線となっていた。

*下のメドも作らないといけないが、ボリンジャーバンドの下限と10月2日-11月2日の上昇ラインのサポートがほぼ同じ81前半あたりとなる。一目の雲もそのあたりに近い

*上は11月12日-16日の下降ラインとなる

*これと12月1日の政策金利への織り込みと勘案しながら、今のところ0.25%利上げか据え置きは5分5分である。

*中国の動きも注視したい

*損切りの売りがまだ残り82.70以下小さいものがある。

*普通の売りは83.0から

*普通の買いも82.50が大きい

*損切りの買いは小さいWs000008

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポンド、厚きロンドンの雲の上に出れるか | トップページ | NZドル円、遅々だが豪ドルについていくだろう »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドル円、やはり垂れました:

« ポンド、厚きロンドンの雲の上に出れるか | トップページ | NZドル円、遅々だが豪ドルについていくだろう »