« 夜のユーロ円、ユーロドル鍋から飛び出す | トップページ | 「豪ドル調子乗りすぎ、中国のお陰」 »

2009年11月10日 (火)

夜のポンド円、やはり打たれ強かった

「夜のポンド円、やはり打たれ強かった」

Ws000039

*土曜書いたようにやはり打たれ強かった、ポンドドルは6連続陽線

今年は円はもちろんのことユーロよりも強い通貨である。馬鹿にしてはいけない。大英帝国である。いや豪やNZはもっと強いか

*ドル円を置いてポンド円は一目の雲の上に出るのにあと一息、11月2日-3日の上昇ライン下抜けに注意。5日線もなんとか上向き

*注文がポンドらしくなってきた。先週は寂しかった

*売りは151.40、151.80、152.0、152.40が大

*買いは150.0以下149台は中が並ぶ

*損切りは152.40と150.20が小

Ws000040

 +++以下は朝の投稿++++++

「打たれ強いポンド円注文、焦点」

*一足先にGDPも政策金利も終えたポンド

*GDP悪化、資産買い入れ増枠でも週を終えれば対円でも対ドルでも陽線、ユーロにも強い。打たれ強いポンド

*来週は雇用統計と中銀四半期リポート、誰もいいものは期待していないところが強み

*売りは150以上でないと動意なし

*150台の売りは小さい、151.0が中

*買いは148.0で漸く中

*損切りなし

(予定)

10(火)英 貿易収支

11(水)英 雇用統計、英中銀四半期リポート

17(火)英 CPI、小売物価
19(木)英 小売売上、マネーサプライ

|

« 夜のユーロ円、ユーロドル鍋から飛び出す | トップページ | 「豪ドル調子乗りすぎ、中国のお陰」 »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜のユーロ円、ユーロドル鍋から飛び出す | トップページ | 「豪ドル調子乗りすぎ、中国のお陰」 »