« 10月上中旬貿易統計より | トップページ | ドル円の一気通貫、静かな時はある »

2009年11月10日 (火)

貿易統計とナカネの相場推移

「貿易統計とナカネの相場推移」

10月上中旬輸出3.154兆円(前年同期比-26.4%)

10月上中旬輸入2.932兆円(-34.4%)となった

*貿易の外貨建て比率は輸出が約6割、輸入が約8割である

3.154兆円*60%=1.89兆円

2.932兆円*80%=2.35兆円

 差し引き0.46兆円の赤字

従って東京市場で出る貿易の為替取引は円売り外貨買いが多くなる。東京市場の為替相場でドルや外貨が底堅くなるのはここに原因がある。

 貿易取引の残りの円買いは東京より海外で出る。除く資本、除く投機

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 10月上中旬貿易統計より | トップページ | ドル円の一気通貫、静かな時はある »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貿易統計とナカネの相場推移:

« 10月上中旬貿易統計より | トップページ | ドル円の一気通貫、静かな時はある »