« 大きな違い=予想することと実際にポジションを持つこと | トップページ | 来週はBOPとGDP週間 »

2009年11月 6日 (金)

夜はこれから

「夜はこれから」

*まもなく米国雇用統計、予想は失業率が9.9%、NFPが-17.5万人。常々米政府は雇用はさらに悪化していると発言しているだけに市場も悪化は覚悟しているだろう。

*ただ今週発表されたADPなどの指標は深刻なものではなかった。関連性がある時もない時もある。難しい。とりあえず以下にまとめた

*ドル円は90.0に大きな買いがあるが指標前にキャンセルされるだろうか?その前にダンもありうるかも想定???

*「10月米人員削減数」51%減、5カ月連続のマイナス-チャレンジャー社

  チャレンジャー社の10月の人員削減計画人数は、前年同月比51%減と、約1年半ぶりの低水準となった。景気回復への期待感から企業が雇用を維持している兆候が示された。  10月の人員削減計画数は5万5679人と、前年同月の11万2884人から減少。5カ月連続で改善し、減少幅は2006年7月以来最大となった。前月比では16%減少した。

*「10月の米ADP民間雇用」は前月比20万3000人減少した。予想は19万8000人減だった。

  9月は22万7000人減に修正された。雇用者数の減少は年末まで続くと見込まれている。

*「新規失業保険申請件数」

10月31日に終わった1週間の新規失業保険申請件数は51万2000件と、1月以降で最低となった。前週の53万2000件(速報値53万件)からは2万件減少した。

G-20では為替は議題とならないだろう。

21   加 10月雇用統計
22   米 10月雇用統計
23   シカゴ連銀総裁、デュークFRB理事講演
24   米 9月卸売在庫   
5    米 9月消費者信用残高

講演=G-20、ECBパラモ理事講演 豪中銀副総裁講演、シカゴ連銀総裁講演、デュークFRB理事講演 、
決算=RBS、BA(英国航空)=両社ともに赤字決算

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 大きな違い=予想することと実際にポジションを持つこと | トップページ | 来週はBOPとGDP週間 »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜はこれから:

« 大きな違い=予想することと実際にポジションを持つこと | トップページ | 来週はBOPとGDP週間 »