« 実戦外国為替論、国際収支3、経常収支 | トップページ | EU大統領候補 »

2009年11月 5日 (木)

夜はこれから

「夜はこれから」

*英中銀とECB理事会がある。両行ともに政策金利は維持で金利以外の量的緩和などついての声明が注目される。英中銀は3QGDPがマイナスになったことから資産買い入れ額を増額する予想もある。

ECBは流動性供給策解除について語られるかどうか

また既に利上げモードに入っている豪中銀のようではなく昨日のFOMCのように慎重な対応となろう。

*今日のアジア株は上海総合株だけが上昇(5連騰)、日本、オセアナニア、NYダウ先物は下げでクロス円が売られた。

*来週の入札を前に売られ気味(金利上昇)の米債も注目したい

*NJとバージニア州で知事選で敗れたオバマ民主党だが医療保険改革などに影響が出れば支持率は低下しよう

21    英中銀政策金利 ECB政策金利
22    米 失業保険、3Q労働統計、加 9月住宅建設許可、IVEY購買部協会指数、  ECB総裁会見
 
決算=BNPパリバ、スターバックス、レノボ、KKR、サラリ-

|

« 実戦外国為替論、国際収支3、経常収支 | トップページ | EU大統領候補 »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実戦外国為替論、国際収支3、経常収支 | トップページ | EU大統領候補 »