« デフレスパイラルはいつ止まるのだろう | トップページ | G-20筋かカナダフラハティ財務相か »

2009年11月 3日 (火)

夜はこれから

「夜はこれから」

今日からFOMC 。前回の声明で「金利を長期間非常に低い水準維持へ」としているので、政策金利は据置かれるだろう。

景気指標もまだマチマチだ。昨日はISM製造業、建設支出、中古住宅販売保留は良かったが、先週の消費者信頼感指数、リッチモンド製造業指数、新築住宅販売、個人支出も弱かった。3QGDPは強いが景気対策効果のある7、8月分が含まれている。

 オバマ大統領もまだ雇用の悪化を懸念している。金利決定後の声明の詳細に注目。

24 米 9月製造業受注(予想は前月比+0.8%) 、  米自動車販売 

*欧州委員会経済見通し、アルムニア欧州委員会見、ルクセンブルグ中銀総裁、独連銀総裁講演
 
決算=ポロ、クラフトフーズ、マスターカード

*アジアの株は上海は上昇するも、NZ、豪は下げた。中国だけであるしっかりしているのは

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« デフレスパイラルはいつ止まるのだろう | トップページ | G-20筋かカナダフラハティ財務相か »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜はこれから:

« デフレスパイラルはいつ止まるのだろう | トップページ | G-20筋かカナダフラハティ財務相か »