« ドル円、90.0の買いで押し上げるも、雲には遠慮気味 | トップページ | 米与野党協力で住宅雇用法案可決 »

2009年11月 6日 (金)

注文、かなり大きな買いとは

「注文、かなり大きな買いとは」

*昨夜ドル円の注文で「かなり大きい」と書いたが普段の大きい買いの3倍以上になった時に書こうと思う

*最近では97円くらいの売りが大量に出た時や、シドニーの津田さんが88.0に公的機関の買いのうわさがあると伝えてくれた時も「かなり大きな買い」があった。

*昨日も一旦90.0をつけた後に「かなり大きな買い」が入っていた。

*実際に注文情報を見ている方は詳細な金額が出ているのでおわかりだと思う

*もちろん銀行の法人の注文に比べればとるにたらない金額であるが注文情報はあくまで「出口調査的」な意味合いがある。

*開票率5%でも当選確実が出るような意味があると思う

*また一旦上でも下でもつけた後にすぐ同レートあるいはそれ以上のレートで売り買いの注文が入ってきた時もインパクトはある。

|

« ドル円、90.0の買いで押し上げるも、雲には遠慮気味 | トップページ | 米与野党協力で住宅雇用法案可決 »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドル円、90.0の買いで押し上げるも、雲には遠慮気味 | トップページ | 米与野党協力で住宅雇用法案可決 »