« 豪株快調、NZ株小幅高 | トップページ | 豪株続騰の要因 »

2009年11月 9日 (月)

朝のドル円、ほぼ変わらぬ実需中心市場

「朝のドル円、ほぼ変わらぬ実需中心市場」

Ws000008

*最近変わらぬドル円の注文状況である。買いもそこそこ入っているが、損切りの売りがともなう。一旦損切りをつけるが、やはり普通の買いが聞いてリバウンドする。後はNY待ちとなる。

*ちょっと日経株価がオセアニアと比べ寂しい。さて中国は?大型IPOがある。供給懸念となるがIPOはひっきりなしに出てくる若さがある

*売りは90.20が大きい

*買いは89.70以下中程度、89.50が大

*損切りは買いが90.0で中、売りは89.70、89.50で小

*米国雇用統計を悪化と見るか改善の兆しと見るか。NY株は後者、原油は前者となって週を終えた

*APEC関連行事、中国の指標も注目したい。日本の3QGDPは16日

*今週の決算は銀行と注目のJAL

(予定)

9(月)衆院予算委員会、外貨準備、経団連会長会見

10(火)日 国際収支、マネーストック、企業倒産、景気ウォッチャー調査工作機械受注、40年国債

11(水)日 機械受注中国 小売売上、CPI、PPI、鉱工業生産、固定資産投資、貿易収支、

12(木)日 対内対外証券売買、企業物価指数、マンション販売、オフィス空室状況

13(金)オプションSQ、オバマ大統領来日、日米首脳会談、日 鉱工業生産確報、商業販売統計、消費者態度指数、投信概況

16(月) 日 3QGDP速報、20(金)日銀会合

(外債)

9(月)韓国中小銀行サムライ債、米国債3年400億ドル、 ニッセイAM 主要通貨債券ファンド
10(火)日本40年物国債、米国債10年250億ドル
12(木)米国債30年160億ドル
13(金)投信概況

(講演など)

10(火)ガイトナー長官来日

11(水)藤井財務相会見、APEC閣僚会議

12(木)APEC財務相会議、
13(金)オバマ大統領来日、日米首脳会談

14(土)APEC首脳会議

(決算)

9(月)NTT、住友林業、三越伊勢丹、いすず、モスフード、
10(火)日揮、ヤクルト、テレビ東京、電通、コジマ、ワタミ、青山商事、ニチイ学館、
11(水)ブックオフ、新生銀
12(木)大成建設、大林組、鹿島、有楽土地、吉本興業
13(金)マツモトキヨシ、あおぞら、りそな、三井住友、みずほJAL

Ws000009

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 豪株快調、NZ株小幅高 | トップページ | 豪株続騰の要因 »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝のドル円、ほぼ変わらぬ実需中心市場:

« 豪株快調、NZ株小幅高 | トップページ | 豪株続騰の要因 »