« 株日誌 | トップページ | ヘッジファンド7=国際金融市場における役割と影響 »

2009年11月17日 (火)

不毛

「不毛」

「貿易不均衡は大田区港区の問題」

貿易不均衡の改善はニクソンショックから、さらにはプラザ合意から議論されている

ただ為替相場を操作しても不均衡が解決したことはない

貿易不均衡があると為替相場が動くが、為替相場を動かしても貿易不均衡は変化しない。

唯一変化させたのは景気だ。

 日本のバブルの時代は消費が高まり日米不均衡が縮小した

昨年の米国サブプライムショックの後は米景気後退で日米不均衡が縮小した

*ただ不均衡は消費区の港区(米国)と生産区の大田区(日本や中国)の問題のようなものであり、港区六本木で生産を開始すれば解決する。

米国も解決したいなら日本や中国がやっているの細かい部品を作り、安い給与でやっていくべきだろう。

 それが嫌なら為替相場を議論しても解決しないだろう 

|

« 株日誌 | トップページ | ヘッジファンド7=国際金融市場における役割と影響 »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 株日誌 | トップページ | ヘッジファンド7=国際金融市場における役割と影響 »