« 高島さんの外為法違反 | トップページ | 介入2、目的 »

2009年11月11日 (水)

ナカネ制度とは

「ナカネ制度とは」

仲値制度は1980年代までの制度であって現存しない。今「仲値制度」というのは幻である。

7行会(東京、三菱、富士、DKB、三和、三井、住友)が9時55分に独占的にその日の仲値を決めて、それに外銀も含めてすべての日本の銀行が従うもの。

 恣意的に決められると仲値ベースの取引がある銀行の収益がぶれるので廃止された。

しかしながら何か基準になるレートが必要なのが実情で現在も同じ時間の東京三菱銀行のレートを多くの銀行が参考にしている。したがって7行会の独占はなくなったが、東京三菱の1行会となっているのが実情。ただ東京三菱が強制しているのではなく、多くの銀行が強制されたいというMになっている。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 高島さんの外為法違反 | トップページ | 介入2、目的 »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナカネ制度とは:

« 高島さんの外為法違反 | トップページ | 介入2、目的 »