« 南アランド、景気回復へ | トップページ | 中国のGDPは統計で測れない訳: 呂 新一 »

2009年11月25日 (水)

横浜富貴楼 お倉

「横浜富貴楼 お倉」 鳥居 民 草思社

明治の初め、国際港となった横浜は戊辰戦争の後遺症が癒えない東京を尻目に活気に沸いていた

 新宿の遊女だったお倉はこの活気にひかれるように横浜にたどりつき関内に料亭富貴楼を開業する。お倉の才覚によって富貴楼は繁盛し明治の元勲たちも集まってくる。金沢八景で憲法の草案を練る伊藤博文のその一人。

 富貴楼は政治と経済の中心となりお倉の活躍が始まる。生糸相場師の「天下の糸平」も登場してくる。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 南アランド、景気回復へ | トップページ | 中国のGDPは統計で測れない訳: 呂 新一 »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜富貴楼 お倉:

« 南アランド、景気回復へ | トップページ | 中国のGDPは統計で測れない訳: 呂 新一 »