« G-20議題 | トップページ | 実戦外国為替論=国際収支4=資本収支 »

2009年11月 6日 (金)

元ディーラーの先見の明

「元ディーラーの先見の明」

*ユニクロの柳井社長がTVで最近のデパートも巻き込んだ安値競争について語っていた。

中国が人民元を大幅切り上げても工賃が安いのでそれほど影響がないとしていたが、工場はベトナム、カンボジア、バングラディッシュにシフトしていくと語っていた。

 ユニクロは既にカンボジア、西友はバングラデッシュで縫製を行っているようだ。GAPはカンビジアとか。カンボジアから日本への輸出は関税もかからない。

 工賃表があったので取り上げたい。

日本29万300円、台湾8万3,700円、韓国7万8,100円、上海2万2,400円、ベトナム8,600円、カンボジア7,200円、バングラディシュ5,200円、ミャンマー1,500円。

 元為替ディーラーのIさんはミヤンマー、先輩の為替ディーラーの

Oさんはカンボジアにいる。先見の明か。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« G-20議題 | トップページ | 実戦外国為替論=国際収支4=資本収支 »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元ディーラーの先見の明:

« G-20議題 | トップページ | 実戦外国為替論=国際収支4=資本収支 »