« 上海総合3300のせ、日本頑張ろう | トップページ | ドル円、ユーロ円、ランチ需給」 »

2009年11月18日 (水)

うさん臭い投資話:水谷

11月に入ってからリゾート会員権の投資話の電話が5社ほどから入ってきた。チュニジア、イタリア、トルコなどが主な投資先だそうだ。投資会社からもリゾートの話しが来て、他社の来た案件についても尋ねた。一社からは綺麗なカタログが送られてきた。チュニジアの高級リゾートで、カジノが併設され、ヨーロッパのセレブ達が大勢来ることが謳われている。イスラムの叙情漂う風景、ヨーロッパの高級リゾートを思わせるヨットハーバーと興味をそそられる。しかし、何回このアフリカの地にバカンス気分で訪問できるのであるか甚だ疑問です。何かうさん臭い投資案件です。別のリゾートコンサルタント会社とか投資会社と称する人物から電話があり、この話をしました。リゾート会員権のことは全く素人であると告げ、このチュニジアの高級リゾートクラブについて質問ました。そしたら、この会社は業界でもトップリゾート会社であり、カジノが政府の認可を受けている、またハブ空港が国内にでき、安心して投資をして良いとの返答です。そしてこの会社はこの会員権を買い取りたいと申し出てきました。会員権価格の2倍の価格で買い取りますというのです。最低50万円から5千万円までの幅です。第一次募集一口500万円が転売するだけで1000万円になるうまい話です。うますぎる話には何か裏があるのではと疑ってかかっています。現在リゾート会員権はバブル状態とコンサルタント会社の人は言っていますが、これも本当か疑わしいものです。投資目的の会員権であり、実際に当地のリゾートを訪れる人はほとんどいないとの説明です。リゾート会員権は当地でリゾート気分をエンジョイしてこそ価値があるのではと思います。もしかして、この手の話しで頻繁に電話かかってくることを考えれば、私の個人情報がどこかで漏れているのではと疑っています。投資はやはり慣れ親しんだグラウンドでするのが安心です。その意味では、外国為替市場は透明性、流動性、情報開示と極めて明確です。うさん臭い投資案件には皆様注意しましょう。そして興味のある話は徹底的に調べてからでないと思わぬ落とし穴にはまることとなります。多くの投資家が落とし穴にはまって損失を出し、長くその後遺症を背負うこととなります。簡単に儲かる話しには必ず裏がある。

ちょっといつもとは違う話をしましたが、投資家としてはとにかく投資しようとする市場を徹底的に調べることが必要です。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 上海総合3300のせ、日本頑張ろう | トップページ | ドル円、ユーロ円、ランチ需給」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上海総合3300のせ、日本頑張ろう | トップページ | ドル円、ユーロ円、ランチ需給」 »