« NZ円、NZドルは窓開けのまま | トップページ | ドル円続々報 »

2009年11月17日 (火)

南アランド、明日は据え置き予想が多い」

「南アランド、明日は据え置き予想が多い」

Ws000049

*現地紙予想、28人のうち24人が据え置き、4人が0.5%利下げ、2人を除いた全員が来週以降はもう利下げはない。 依然インフレターゲット再考を望む声やランド高の影響をレビューを求める声が議会にある。

*南ア株堅調、418ポイント上昇で27114.資源価格も上昇

*ドル円じり安なるもランド円も底堅い。ドルランドが下落基調

*11月2日の波乱の長い下ヒゲが印象的

*5日移動平均線も急な上昇から少しなだらかなペースへギアチェンジ

*一目均衡表の当面の雲の上限は11.90あたりでこれが先週サポートとなった

*17日はマーカス新総裁で初の政策金利決定会合が行われる。予想は据え置きで少数で利下げ派もいるようだ。

*利下げ要求のCOSATUなどの組合と軋轢があったムボエニ前総裁に代わり新総裁の田綱さばきが見ものである。

*CPIは6.1%まで低下3-6%のインフレターゲットへ近づいてきた

*売りは12.20以上5銭刻みで大がびっしり

*買いは12.0から中、11.90以下は10銭刻みで大。売りほど密集していない。

損切りの買いは12.35で大

*損切りの売りは11.80の売りが大

*9月鉱工業生産は悪化(前年比-15.9%)

*株価は小動き。資源価格は好調。

*ゴーダン財務相はインフレターゲト制度を支持。COSATUは廃止を求めている

*電力大手のエスコム社は経営者の人事問題で揺れている。

*中銀副総裁の不介入発言だが、その前にとんでもない「ランド凍結」報道があったことも意識しているかもしれない

(予定)

*11月9日マーカス新総裁誕生、17日が政策金利決定日

18(水)小売売上

Ws000050

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« NZ円、NZドルは窓開けのまま | トップページ | ドル円続々報 »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NZ円、NZドルは窓開けのまま | トップページ | ドル円続々報 »