« 想定 | トップページ | インドが買いIMF売りで金上がる?」 »

2009年11月 4日 (水)

実戦外国為替論=国際収支1

「実戦外国為替論=国際収支①」

①国際収支

 国際収支表=一国の対外的な経済活動は生産物、サービス、資本などの国際間に移動からなる。これらをどのように展開されたかを取引の性質に沿って体系的に分類把握し一定期間にわたる結果を総括したものが国際収支表である(International Balance OF PAYMENT)。 

 身近なものでは我々が海外旅行に行ったり、海外へ送金したりすることも国際収支表を構成する。輸出入、海外企業の買収などの投資、外人の日本株買いも計上される。法人個人を問わずすべての国際間取引が計上される。為替取引をするものにとっての国際収支表の長所短所を次回よりお話したい。国際収支表は財務省のホームページで見ることが出来る。外国のものもその国の中央銀行か財務省のホームページで取上げられている。当局の外国為替政策の基本となるものだ。(次回に続く)。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 想定 | トップページ | インドが買いIMF売りで金上がる?」 »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実戦外国為替論=国際収支1:

« 想定 | トップページ | インドが買いIMF売りで金上がる?」 »