« 日本株日誌 | トップページ | ヘッジファンド11、新興市場国における政策課題 »

2009年11月19日 (木)

豪、NATIONAL GO HOME ON TIME DAY、11月25日早帰りの日

豪、NATIONAL GO HOME ON TIME DAY、11月25日早帰りの日

銀行にいた時は組合の指導で毎週水曜はマルカンの日ということで定時退社というのがあった。オーストラリアも今月25日はそうするようだ。

というのも調査したところ豪の労働者は1日平均70分の賃金の支払われない残業をしている。

年間6週間半分のフルタイム定時労働分だそうだ。これは経営者へのギフトでありそれをお金に直すと720億豪ドルになるそうだ

 豪の45%の労働者を対象にしたもの、津田さんは調査されたのでしょうか、でも津田さんは経営陣で残業代なしですか

 ということで11月25日は定時に帰る「NATIONAL GO HOME ON TIME DAY、早帰りの日」となったそうだ。

 これはNZ新聞の記事、NZ人は金曜など午後2時、3時ごろに帰り始めるらしい。自宅がいいそうだ。 日本じゃこんな調査するととんでもない数字になりそう。

 労働者は経営者にいくらただ働きでプレゼントしているのだろうか。でもたばこ吸いに会社にくるだけの人もいるから難しい調査だ。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 日本株日誌 | トップページ | ヘッジファンド11、新興市場国における政策課題 »

2津田穣(2)」カテゴリの記事

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪、NATIONAL GO HOME ON TIME DAY、11月25日早帰りの日:

« 日本株日誌 | トップページ | ヘッジファンド11、新興市場国における政策課題 »