« お昼の株価、ダウ気持ち安 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »

2009年11月10日 (火)

為替を動かした昨日のM&A案件

「為替を動かした昨日のM&A案件」

1.豪 AMP→アクサ

豪保険大手のアクサパシフィックは9日、豪保険大手AMPと仏アクサによる103億米ドルでの買収提案を拒否した。アクサパシフィックの会長は、企業価値を著しく過小評価していると述べた。ただこれで今後もこの案件が継続する見方で豪株はCBAの好決算も材料として上昇している。

2.米クラフト→英キャドバリー

世界2位の食品メーカー、米クラフト・フーズが英菓子メーカーのキャドバリーの買収を目指している。98億ポンド(約1兆4600億円)規模の買収案を提示

  キャドバリーは、「低成長」のコングロマリットが提示した「魅力のない展望」だとして提案を拒否した。

 


野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« お昼の株価、ダウ気持ち安 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »

為替09年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 為替を動かした昨日のM&A案件:

« お昼の株価、ダウ気持ち安 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »